井村屋が開発中の『具なし中華まん』が話題! 「最高!」「爆買いする」


肌寒い時期になると、食べたくなる中華まん

中華まんの具を包み込む、甘みのあるフワフワな生地は、食べたら病みつきになりますよね。

なんと、あずきバーで有名な井村屋が『具のない中華まん』を開発しているそうなのです!

素の中華まん、略して『すまん』

中華まんの具をなくした、試作品がこちら!

具が…ッ!ない!!

この具なし中華まんの、開発のきっかけはなんと6年前のことだそうです。

井村屋の『すまん』開発エピソード

2014年の夏頃、井村屋のTwitterに「中身の入っていない中華まんをつくってほしい…!」とコメントがきたことが開発のきっかけでした。

事態が急展開を迎えたのは、2020年9月14日。井村屋のTwitterで、6年前のコメントが再び話題に。

もう6年前ですか……

やっぱり中華まんの具無しVer(つまりガワだけ)が欲しいいいいいい!

オリジナル具材を用意し、楽しみたいいいいいいい!

(開発部、このツイート見ていないかな……)

@IMURAYA_DM ーより引用

すると、前日の投稿が開発部の目にとまったようで、翌日にはこんな展開に!

開発「ツイートみました!」

私「…つまり」

開発「工場の稼働が本格的になる前でよかったです。試作して東京に送りますよ!」

私「待ってまああああああす!」

「具のない中華まん(ガワだけ)」いきなり試作までたどりつきました!

開発部さん決断はやい!ほれた。

@IMURAYA_DM ーより引用

なんと、具なし中華まんの試作品をつくるまでに至ったのです!

早速送られてきた、試作品を見てみると…。

おいしそう~!

試作品には、井村屋のロングセラー商品『ゴールドまん』シリーズの生地を使用。間違いなくおいしいはずです。

試作品を試食してから5日後、井村屋のTwitterではさらなる動きがありました!

商品化も目の前!?部長の反応は…?

試作品の具なし中華まんを持って、開発部一行は部長の元へ。

部長の反応はいかに…!

やっぱり、うちの生地はうまいね!これだけ欲しいって気持ちも分かる!

試食した部長も、具なし中華まんに満足した様子です。

ついに井村屋社長の元へ…!


ついに具なし中華まん、井村屋社長の元へ…!

同月28日に、井村屋のTwitterが更新。

今度は開発部と部長で、社長の元へ具なし中華まんを報告しに行ったそうで…!

具のない中華まんを手にほほ笑む、社長。これは、好感触ということなのでしょうか…!

真相は分かりませんが、井村屋は新プロジェクト『具のない中華まん』のウェブサイトを開設。

商品化もそう遠くはないかもしれませんね!

井村屋の新プロジェクトに対してネット上では、商品化を待ち望む声が寄せられています。

中華まんの皮の部分、もっと食べたいと思ってたから嬉しい!

・これは絶対おいしいやつだ…。

・ぜひとも商品化をお願いします!

井村屋のTwitterでは、具なし中華まんのことを『素の中華まん』の略ですまんと呼んでいるそう。

おいしすぎて「すまん」といってしまいそうな、具なし中華まんの今後の動きから目が離せませんね!


[文・構成/grape編集部]

出典
@IMURAYA_DM
※画像はイメージ


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

売るならタレも添付してどうぞ


(似た商品もうあるよね)とか思ったら負けなやつ


たまに素材の味だけで食べるととてもうまく感じるとかある*。


中国じゃメジャーな饅頭やん。ジャッキーも映画で食べてた


餡こ入ってない人形焼みたいなもんかな。あれ美味かった


チョコ挟んであっためたら美味しそう


こう言うノリは最高に嫌い。日清の「謎肉祭」とかな。


そんなんだからニーズに応えた企画の一つも提案出来ないんだぞ


所詮三重県の会社なんてこの程度しかできっこないよなwwww


肉まん食べたくなってきた。


中国のマントウやね、日本の蒸しパン。好きよ




この記事へのコメント

人気記事