「その救急車、本当に必要?」 東京消防庁が公開した『動画』が話題に


2020年10月2日東京消防庁YouTubeを更新。『#7119』に関するある動画を公開しました。

『#7119』の解説動画が分かりやすいと話題に

『#7119』とは、2007年に開設された『東京消防庁救急相談センター』の電話番号のことです。

東京都民が急な病気やケガをした場合の相談窓口として設けられていますが、2016年に行われた『消防に関する世論調査』の結果、救急相談センターの認知率は53.8%だったとか。

「特に若い世代に知ってほしい」と、認知度を向上するべく、東京消防庁が制作した広報動画がこちらです。

119番通報をしようとする母親を、赤ちゃんが「ちょっと待った!」と深みのある声で静止しました!

赤ちゃんが母親に伝えた内容を書き出してみると…。

救急出動が増加するほど、救急車の到着が遅れて緊急性の高い人の救命効果低下に繋がる恐れがある。

搬送された人の半数以上が入院を必要としない軽症なんだ。

救急車を呼ぶべきか迷ったときは、その症状の緊急性を知ることが大切だと思わない?

そんなときに#7119東京消防庁救急相談センターで相談できるんだよ。

24時間年中無休で対応してくれて、症状に基づく緊急性のアドバイスを受けることができたり、受診の必要性に関するアドバイスを受けることができるんだ。

どこの病院にいったらいいかわからない場合に医療機関案内も受けられる…

♯7119と救急車の適正利用「るいちゃん」 ーより引用

キリッとした表情で、「搬送された半数以上が入院を必要としない軽症である」と語る赤ちゃん

正当な判断をせず救急車を呼ぶと、緊急性が高いほかの人の救命が遅れる可能性を指摘しました。

さらに、『#7119』は24時間対応してくれるといいます。どんな時間でも対応してくれるため安心です。

全国16地域が『#7119』に対応

2019年12月時点で、『#7119』の実施団体は全国で16地域とのこと。

自分の地域が『#7119』に対応しているか、また、相談窓口に通じる違う番号が設けられていないかを予め確認しておくのがおすすめです。


[文・構成/grape編集部]

出典
♯7119と救急車の適正利用「るいちゃん」総務省消防庁
※写真はイメージ


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

全域で実施(宮城県・茨城県・埼玉県・東京都・新潟県・大阪府・奈良県・鳥取県・山口県・徳島県・福岡県・京都府《※今月から実施予定》) 一部実施(札幌市・横浜市・神戸市・田辺市・広島市) #7119以外の番号(山形県・栃木県・千葉県・香川県) だってさ。(引用元)https://www.soumu.go.jp/main_content/000686505.pdf


むしろ119の前にアドバイス受けて間に合わなかったらどう責任取るんだろう?


霊柩車が必要だ


救急車は本当に必要な人に行くようにしてほしいね。動けなくなったときとか、ホント助けが必要。


迷うのを相談して欲しいと言うだけで素人目に見てもヤベーのは即救急車で良いのでわ?


それだけタクシー代わりや軽傷でも呼ぶのが後を絶たないからでしょ?税金だから何してもOKって愚かな考え。いっそ有料にしてカネ獲れよ。


即救急車でいいけど、現場判断で不要だった場合には自己負担でいいんじゃないかな?一回の出動で平均4万円かかるんだっけ?


有料でいいじゃん


あんまり利用態度が悪い患者ならUberタクシーに運んでもらおう


緊急性・必要性なしと判断された案件に関しては料金請求してもいいと思うよ


救急車も血税が使われてるからなあ。


悪質だと判断したものは料金請求するか警察病院にでも放り込めばいいんじゃないか?


「その救急車、本当に必要?」→「その人間、本当に患者?」


政府主導というか、変な経済評論家たちが一般家庭から普通ワゴン車から軽自動車へとシフトさしたのと、自動車朋友放棄さす報道した結果だ。家の中で免許持ちが複数いたら、救急病院連絡後普通ワゴン車で搬送できるのに自動車持っていないから何でも救急車呼ぶ、搬送後、診察してから家へどう帰るのか考え居ないか行きだけはタクシー代ケチりたいとか。酷い世の中だ


マナーや常識で制御できないバカはルール・法律で縛るしかない。救急車を呼べる一定条件を明確に決めてルール化すればよいだけ。もちろん、それを破ったら罰則ありでね。


不審者が騒いで呼ばせることもあるみたいね。遠慮なくパトカー呼んだほうが良い


出動先で明らかに不要と分かる場合は即時全額請求。現場で判断ができない場合は病院に搬送し、病院で判断。救急車の出動が適切だった場合は無償、適切とは言えないがある程度の怪我か病気だった場合は一部負担、一定以下の容態だったり詐病等そもそも搬送の必要が無ければ全額負担、みたいな制度にすれば良いんじゃないかな?


ワンクッション置けるのは確かなのだが相談を受けるのは半引退の方々であり当然ながら問診だけになるため「緊急性が無いとは断言できないので苦痛が我慢できなければ呼んでくれ」と言われてしまう事もある。大事なのは救急車を呼ばない事よりもそれ以前に、動けるうちに夜間診療やってる所を調べて自分で行くことだと思う。行く途中で動けなくなったらそれこそ救急車を呼べばいい。


#7119は知っておくと割と便利。救急搬送だけでなく夜間救急外来にいくべきかどうかとかも判断に悩んだ場合に医療関係者の助言受けれるってのはありがたいよ。


不要不急の出動には費用負担求めるアイデア自体はいいと思うんだけど、あと一歩踏み込んで誰が請求・集金するのか考えないとうまく行かないと思う。救急隊員の人に請求・集金業務の負担押し付けるのはあまりいい方法ではないと思うので。




この記事へのコメント

人気記事