チャーハン調理器「美味しかったり・不味かったり」使用するコックさんの腕次第!


 2020年10月4日、中国では様々な調理用ロボットが開発され利用されている。新型コロナ感染で衛生面から人との接触を減らすため、調理から配膳まで全てロボット化したレストラン、碧桂園「天降美食」が6月に広東省仏山市にオープンし注目を集めた。炒め調理器の開発競争は激化している。

 日本では、冷凍食品のチャーハンも美味しくなってきたが、パラパラ感は今一つ。電子レンジの解凍では、強火で炒めたパラパラ感と香ばしさのハーモニーの再現は無理だ。

 チャーハン調理器を導入している「中華食堂 一番館」は在住中国人にも評判は良い店。しかし、驚くほど美味しい時もあるが、冷凍食品よりも劣ることも。投入するご飯の硬さや量、具材や調味料の投入のタイミング、油の量など繊細な調整が必要だから。

380円(税込み)のチャーハン (この日は失敗、冷凍食品に遥か及ばず)


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

日本でも10年か20年くらい前から、ドラム型洗濯機みたいにグルグル回るチャーハン炒め機があったなと思ったら、「投入するご飯の硬さや量、具材や調味料の投入のタイミング、油の量など繊細な調整が必要」って進歩してないじゃん。全部自動化してからロボット化を名乗れ。


農畜産業からフルロボット化しないと無理じゃね?


何人かのプロの人に聞いたことあるけど、結局、火力と使い慣れてる器具と具材を見極める目と経験だってな。


投入するご飯の硬さや量、具材や調味料の投入のタイミング、油の量など繊細な調整が必要ならそれを自動化すべきだよな


同じ状態のご飯を炊くことができないんじゃないのかね。それが最初の一歩だろうに。


そこまで繊細だと普通に作るのと変わらんなw


マニュアルあるはずのケンタでも店や時間で美味かったり不味かったりするんで結局は人よ


ロボ化するなら湿った状態寄りに出してお好みでチンかガスで飛ばしてね♡で良くて、味は調味料置いとけ。毎回同じ味なら飽きるわ


まぁチャーハンの自動化?ロボット化?ってまだ無理でしょ。焼きめしなら可能かもしれないけど<(・・; 投入するご飯の水分量を数値化釜の温度制御投入する油の量とタイミング混ぜ具合炒め上がりの見極めのいずれも数値化しなきゃならない訳だしそれができない限り無理じゃないかなぁ<(==;


調理人が居る時は良いけど、そうじゃない時は不味いって事ね。何がやられてるか分かんなくて怖いなぁ


米なんて毎年出来栄え変わるから一定のもの作るのは大変だろうな。他の材料もしかり。


岡目八目を絵に描いたようなコメ欄だな。




この記事へのコメント

人気記事