KSNM(くそねむい)


「Ku So Ne Mui」とは、すなわち「くそ眠い」の頭文字をとった略語。主にSNSメッセージアプリのやりとりで使用され、実際に口頭で読むことはあまりない。

意味

Ku So Ne Mui、すなわち「くそ眠い」、あるいは「くそ眠たい」の頭文字をとった略語。

2015年頃から使用されはじめ、10代を中心とした若年層にも使用される。主にSNSメッセージアプリのやりとりで使用され、実際に口頭で読むことはあまりない。というか、読めない。

「KSNM」と「クソネミ」の違いは?

匿名掲示板などでは以前から「kwsk(くわしく)」「wktk(ワクテカ)」などの略語が使用されてきたが、「KSNM」は同様の略語であるがより若者に普及した言葉である。
似た言葉に「クソネミ」があるが、こちらは匿名掲示板から流行したスラングで「KSNM」とは厳密には異なるため、注意が必要である。こちらのほうが口に出す前提であれば少し言いやすい。
一見すると、WHOやPKOなどの国際組織の略称に見えてくるが、その実態はただただ眠いということを伝える平和な単語なのである。
KSNM(くそねむい)


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

はよねろ


YJSNPI


( ˘ω˘)クソネミ


クソスレ建てんな


(くそむいみ)


(˘ω˘)クソネミ


TDNTDN式表示じゃん


もう寝なさい


( ˘ω˘ )スヤァ




この記事へのコメント

人気記事