目の前に幽霊が現れて… かけられた呪いの『内容』に号泣する人が続出

7月26日が『幽霊の日』ということをご存じですか。その由来は、1825年7月26日に、江戸の中村座で東海道四谷怪談が初演されたからなのだそうです。亡くなった夫が幽霊となって出てきて…?妻にかけた『呪い』とは漫画家のくろたま(@krtmgpl)さんは、『幽霊の日』にちなんで、幽霊が登場する創作漫画を描きました。戦争で夫を亡くした女性の前に、「呪ってやる」と呟く幽霊が現れて…。 幽霊の日らしいので、…

続きを読む

事実とは反する"感情"にとらわれた人を、社会はどう説得するべきか

■世界的にベストセラーになった『ファクトフルネス』の隠された秘密 世界的にベストセラーになった『ファクトフルネス』の隠された秘密は、人類の社会、経済についてのさまざまな変化、データを目に見える形で表示できるようにしたことだろう。 人間の脳は、さまざまな認知バイアスにとらわれやすい。世界の現状や、自分を取り囲む状況をありのままに見ること、とりわけ、たくさんのデータが並列しているような状況で、それを…

続きを読む

苦行により人は救われるのか、苦行とは何か

 インドでは今でも多くのサドゥ(行者・苦行僧)が苦行に挑み、仏教の開祖である釈迦もまた覚りに至る直前まで苦行に身を挺した。JBpressですべての写真や図表を見る  なぜ、求道者は苦行に励むのか――。  八千枚護摩行、正しくは焼八千枚護摩供は、真言密教最大の荒行である。八千枚とは護摩行で火にくべる護摩木の数。  天台宗でいうなら「千日回峰行」に相当する荒行と評され、熱心に挑む真言行者でも…

続きを読む

話題 注目情報 死後の世界と生まれ変わり。死後も人生は続くと主張するアメリカの科学者

Trifonov_Evgeniy/iStock 15年間にわたり前世の記憶があるという子供たちの証言を調べた科学者が、死後の世界や生まれ変わりはきっとあるのだろうと主張している。  そう主張するのはアメリカ、バージニア大学の小児精神科医ジム・タッカー博士だ。彼は前世の記憶を持っているらしき子供たちにインタビューを行い、その結果を著書『Life After Life(人生の後の人生)』にまとめた。…

続きを読む

「死後を考えるとゾッとする」死ぬのが怖い人の叫び「明日が来ない、目が見えない、時間が進まない、自分に戻れないことが怖い」

「死んだらどうなるんだろう」という素朴な疑問は、誰しも抱いたことがあるだろう。考えても明確な答えは出ないのに深く思いつめ、どうしようもない不安や恐怖に襲われるのはなぜなのだろうか。(文:ツマミ具依) 先日のガールズちゃんねるの「死にたくない人が集まるトピ」では、「死にたくないです。死後のことを考えるとゾッとします」というトピ主が、「なぜ人は死がこんなにも怖いのか」と問いかけていた。 …

続きを読む

シルバーバーチの霊訓

ホリスティック医学は西洋医学に代わる医療として期待されていますが、数あるホリスティック医学の中でも近年のブームとともに関心の高まっている分野にスピリチュアルがあります。 スピリチュアルの基本にあるスピリチュアリズムの考えは、「シルバーバーチの霊訓」と言われる記録が根幹にあると言われています。 その内容は人間の本質、大宇宙の摂理をはじめ、多くの「霊的真理」が述べられています。 …

続きを読む

心の病気

ストレス社会といわれる現代、日本では心の病が急増していると言われています。心の病気にはうつ病をはじめ、パニック障害、摂食障害、神経症などさまざまな種類があります。中で最も多いのがうつ病で、小学生からビジネスマンまで幅広い年代に広がっています。 一般的に近代医学による心の病気の治療では、薬物療法やリハビリ療法、精神療法などを中心に行われています。近年では医学の進歩より、以前には打つ手…

続きを読む

がん

ホリスティック医学の中にはがんの治癒に効果的なものが多くあります。中でもスピリチュアルな医療は、過去の有名な医師が末期がん患者を治癒したことでも知られています。 がんは日本の国民病と言われています。昭和56年より現在まで、日本人の死亡原因は「がん」が1位を占めていることからもがん患者の多さが分かるでしょう。 日本では長い間がん治療の研究が進められ、今日ではがん…

続きを読む

人気記事