そのパソコン、超ロング録画可能なテレビになりますよ!

PCでテレビ番組を視る方法は色々ありますが、プロバイダ経由での配信を介さずに視るとするならば、「テレビ(またはチューナー)からケーブルでPCに接続する」か「PCに直接TVチューナーを接続する」の2通り。とにかくPCで視ることができればいいというなら前者、よりきれいな画質で楽しみたいなら後者、になるでしょうか。 PCを使いつつ、合間のTV視聴も目の前のモニターで、という方にオススメなのが、アイオー…

続きを読む

ニュースComment (0)

毎日世論調査:アメフット、日大説明「納得できる」1% 

 毎日新聞が26、27日に行った世論調査で、日大アメフット部の選手が危険な反則タックルをして関西学院大の選手にけがをさせた問題を巡り、内田正人・前監督やコーチら指導者は反則を指示していないとする日大側の説明に対して「納得できない」とする回答が82%を占めた。「納得できる」は1%にとどまった。この記事をもっと詳しく読むにはこちら(出典 news.nicovideo.jp) …

続きを読む

ニュースComment (0)

【北朝鮮】正恩氏に焦り=「非核化」でジレンマも

(出典 【北朝鮮】正恩氏に焦り=「非核化」でジレンマも)1 みつを ★ :2018/05/27(日) 20:31:46.73 ID:CAP_USER9.nethttp://www.afpbb.com/articles/-/3176191?act=all 2018年5月27日 17:48 発信地:韓国 【5月27日 時事通信社】北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は26日の南北首脳会談で、6月12…

続きを読む

ニュースComment (0)

「お久しぶりでございます」 籠池夫妻被告が保釈会見 「国策勾留だ」「全くの冤罪」と主張

(出典 【LIVE】「お久しぶりでございます」 籠池夫妻被告が保釈会見 「国策勾留だ」「全くの冤罪」と主張★4)1 ばーど ★ :2018/05/25(金) 23:39:47.52 ID:CAP_USER9.net学校法人森友学園(大阪市)をめぐる補助金詐欺事件で、詐欺などの罪で起訴された学園前理事長の籠池泰典被告(65)と妻諄子(じゅんこ)被告(61)が25日夕、保釈されました。 夫妻は2…

続きを読む

ニュースComment (0)

男性が女子に求めるのは女子力ではなく〇〇だった!

先日、『「女性らしさ」って何?男性が女性に求めている「らしさ」』というコラムを書きましたが、 男性が求める女性らしさとは、清楚さであると述べました。 清楚とは、清潔感があって控えめで上品、表情や発言・立ち居振る舞いに純粋さが漂う状態であり、多くの男性がそんな特徴を持つ女性に心惹かれるのだそうです。 ただ、今どきは控えめであれば良いというわけではなく、いざというときはガンガン前へ出ていける強…

続きを読む

ニュースComment (0)

両陛下、週刊誌報道に「心痛」=眞子さま結婚延期めぐり-宮内庁

 宮内庁は25日、秋篠宮家の長女眞子さま(26)に関する一部週刊誌報道で、天皇、皇后両陛下の考えや対応についてさまざまな臆測がされているとして、両陛下が心を痛められているなどとする見解を同庁ホームページに公表した。 宮内庁は2月、眞子さまと大学時代の同級生小室圭さん(26)の結婚延期を発表した。一部週刊誌は眞子さまの件で皇后さまがさまざまな発言をしていると報道しているが、同庁によると、両陛下は眞…

続きを読む

ニュースComment (0)

「早く死んじゃえばいいのにね!」 盲目の愛犬への暴言に、言葉を失う

(Kerkez/iStock/Thinkstock)愛犬家にとって、「犬は家族」とも言える。女性限定匿名掲示板『ガールズトーク』に、持病を抱える愛犬のため、仕事を調整しているという女性から、あまりにも悲しい投稿が寄せられた。■持病を抱える、盲目の愛犬を世話する女性投稿者の女性はある日、職場のパートのおばさんから「なぜフルタイムで働かないの?」と、聞かれたという。投稿者は、フルタイムで働けない事情…

続きを読む

ニュースComment (0)

脅迫容疑:在日コリアン女性にツイッターでヘイト投稿

 川崎市でヘイトスピーチへの反対運動を続けている在日コリアンの崔江以子(チェ・カンイジャ)さん(44)に、ツイッター上で危害を加えることをほのめかす投稿をしたとして、神奈川県警川崎署が同県藤沢市の男(50)を脅迫容疑で、横浜地検川崎支部に書類送検していたことがわかった。この記事をもっと詳しく読むにはこちら崔江以子さんに対しレイシストと名乗り殺害を予告するツイートをしていた男が脅迫の容疑で送検され…

続きを読む

ニュースComment (0)

「強行採決許せない」=働き方法案可決で過労死遺族ら

 高収入の専門職を労働時間規制の対象から外す「高度プロフェッショナル制度(高プロ)」創設が盛り込まれた「働き方改革」関連法案が衆院厚生労働委員会で、与党などの賛成多数で可決した25日、過労死の遺族らは「数の力による強行採決は許せない」「命を奪う法律を作るな」などと反発を強めた。 全国過労死を考える家族の会の寺西笑子代表(69)らは、亡くなった夫らの遺影を掲げて厚労委を傍聴。閉会後もしばらく座った…

続きを読む

ニュースComment (0)