老後に不安を感じる人は8割超、過半数は「老後対策をしていない」 理由は「費用がかかるから」

老後に不安 セコムは9月8日、老後の不安に関する意識調査の結果を発表した。調査は6月にネット上で実施し、20歳以上の男女500人から回答を得た。 「老後に不安を感じる」と回答した人は83.8%。性年代別にみると、「50代女性」(90.0%)が最多で、次いで「40代女性」(88.0%)、「30代女性」「50代男性」「60代以上男性」(各86.0%)などが上位に続いた。「20代男性」「40代男性」を…

続きを読む

社会Comment (0)

レジ係の「年齢確認」やりすぎはNGなのか 徹底したら同僚に「迷惑」と批判され...私が悪いの?とあるアルバイトの疑問

私のやっていたことは、迷惑な行為だったのでしょうか――こんな問いかけが印象的なメールが、Jタウンネット編集部に届いた。送り主は、大阪市内に住む20代女性・S子さん(仮名)。とある小売店でレジ係のアルバイトをしていたという。そんな彼女が抱いている悩みは、アルコール類やタバコなどを販売する際の「年齢確認」に関するもの。 年齢確認に関する悩みとは...(画像はイメージ、記事とは関係ありません…

続きを読む

社会Comment (0)

他人を非難したい人が多すぎる!? 正義感を暴走させる大人たちが怖い

悪いことをした人間は罰せられるべきである——。それは確かに正論なのですが、「あいつは悪いことをしたのだから、みんなで傷つけてもいい」「あの人は昔、こんな酷いことをしたのだから、我々が強く非難し続けるべきだ」とばかりに、完膚なきまでに叩きのめしてしまうのはいかがなものでしょうか。 正義感も行き過ぎると、恐るべき「悪」となる…最近そんなケースが多発しているように思います。 ほんのはずみで「悪い子…

続きを読む

社会Comment (0)

非難されてもパチンコ屋に通う若者を直撃「ほかに行く場所ない…」

 連日発表される感染者数に右往左往する人がいる一方で、コロナなんてまるで他人事かのように自身の欲望に忠実な行動を取っている人もいる。 彼らがパチンコ屋に通うワケはなんなのか ※イメージです  その典型はパチンコ店に集う人々だ。休業要請中はそれに従わない店があって日本中から白い目で見られていたし、今でも世間から非難を浴びやすい場所だ。それなのに彼らがパチンコ屋に通うワケはなんなのか。都内のホ…

続きを読む

社会Comment (0)

「レジ・会計時のコロナ感染が不安」7割が回答 キャッシュレス決済が従業員のコロナ対策になったという店舗も

新型コロナの影響でキャッシュレス決済をする人が増えていた ジェーシービーは8月21日、「キャッシュレス決済」に関する調査結果を発表した。調査は7月に実施し、キャッシュレス決済を利用している一般消費者1000人と、コンビニ勤務者・居酒屋勤務者・タクシードライバーのいずれかで会計業務に携わっている300人、小売店・飲食店を経営する経営者・自営業者100人から回答を得た。 レジ・会計業務での新型コロナ…

続きを読む

社会Comment (0)

"昭和"が引き起こした健康被害「電車、病院、職員室で喫煙」「体育や部活で暑くても水を飲むな」

今では想像しづらいものも 時代は令和だが、現在働き盛りの人々は「昭和」の時代に生を受けている。この元号は60年以上も続いたため、一口に昭和と言っても戦後から復興を経てバブル絶頂期に至るまで、割とアップダウンの激しい時代だった。 僕は昭和59年と最終盤に生まれたようなものだけど、それでも一応は昭和生まれ。思い返すといろんな意味で、今では考えられないような時代であった。 向こう三軒両隣という言葉が生…

続きを読む

社会Comment (0)

年収100万円「貧困なのにSOSが出せない」格差に生きる人たち…吉川ばんびさん「個人の力では抜け出せない」

コロナ禍による経済への悪影響は、日増しに明らかになってきた。日本をはじめ、多くの国で外出制限など経済活動が停滞したが、第二波の影響もあり、経済の先行きは暗い見通しとなっている。 緊急事態宣言下の4月に出版された『年収100万円で生きる-格差都市・東京の肉声-』(扶桑社新書)は、これからの時代の指南書となるかもしれない。 本書は『週刊SPA!』の連載をもとに、様々な要因やきっかけにより“年収1…

続きを読む

社会Comment (0)

エコバッグ普及で“万引き4倍増” 入店直後に不審者を検知する防犯カメラ、防犯対策の切り札になるか

 レジ袋の有料化からおよそ1カ月が経ち、いまお店で「エコバッグ万引き」が多発している。自ら持参したエコバッグに商品を詰め、そのままレジを通さずに持ち帰るこの手法。今までに5000回以上の取材を受けてきたスーパーの有名店であるスーパーアキダイも被害の例外ではないという。 【映像】不審者を検知の瞬間  インタビューに応じた秋葉弘道社長は「だいたい4倍に増えた」と万引き増加の実情を明かすと「安いも…

続きを読む

社会Comment (0)

炎天下で眩しくても我慢する!?日本人の6割以上はサングラスをつけない理由

日差しが強いこの季節、外出する際は紫外線対策が欠かせません。紫外線対策に必要なアイテムといえば、日焼け止めクリームや帽子、日傘、そして目の紫外線をカットするサングラスも必要ですよね。しかし日本人はサングラスに対して、紫外線対策とは違った特別なイメージを持っている人も少なくないようです。 西日が眩しい運転中でもドライバーの約4割はサングラスをせず 株式会社IZone Japanでは30…

続きを読む

社会Comment (0)

「女性専用車両を許せない男」が女性に抱く6種類の怒り

ツイッターには「ミソジニスト」と呼ばれる女性嫌悪に満ちたアカウントが存在する。彼らはなぜ女性に怒りを抱いているのか。性問題の解決に取り組んでいるホワイトハンズ代表理事の坂爪真吾氏は、「彼らは抽象概念としての『女性』に対して怒りを抱いている。この怒りは大きく分けて6つある」という――。 ※本稿は、坂爪真吾『「許せない」がやめられない』(徳間書店)の一部を再編集したものです。 ■ネット上で存在感を強…

続きを読む

社会Comment (0)

人気記事