セックスワークの”非犯罪化”を。よりよいセックスワークのための法制度とは

◆セックスワークは高度な接客業 畑野とまと氏  「セックスワークは高度な接客業です」  セックスワーカーの活動団体SWASHメンバーの畑野とまと氏は言う。 「それなのに、イメージ先行で簡単に誰でもできる仕事だと思われている。『仕事』としてやっているということを理解されていないのです」  新型コロナウイルスの感染が広がるなか、セックスワークを含む「夜の街」は感染拡大の要因としてバッシングを受…

続きを読む

社会Comment (0)

寝床は職場の机の下…手取り15万円の35歳が“家なき中年”から脱出できるまで

 新型コロナウイルスの影響によって貧困に陥る人が後を立たない。結果、人間的な生活を営むために必要な“家”すらも奪われる人が増えているという。その一方で、意外なきっかけで「家なき中年」を脱出した人々がいる。生きていくために必要な「住まい」を得るためのヒントとは?「以前は職場に住んでいた」と言う35歳男性を取材した。 ◆職場であるデザイン事務所をすみかとする日々  都内にあるデザイン事務所に手取…

続きを読む

社会Comment (0)

若いというだけで誰も救ってくれないの? コロナ失職の22歳女性が直面した「自助・共助」優先社会の現実

画像はイメージです  新型コロナウイルスの影響で失業したり、収入減となったりした人が大幅に増加したことはもはや周知の事実であるが、窮地に立たされたとき最後のセーフティネットとなるのが「生活保護」だ。  生活保護に関しては、受給者に対する世間の目が冷たいことを危惧して受給をためらう人も多いであろう。しかしながら、その不安を乗り越えて申請しようと試みた人たちにも「水際作戦」という壁が立ちはだか…

続きを読む

社会Comment (0)

「我が子と会えない」母親たちが悲痛な訴え…不倫が発覚した元夫が「連れ去り」、子から届いた悲しい写真

別居や離婚後、子どもと離れて暮らす親とが会う「面会交流」をめぐり、当事者団体が法改正などを求め、声をあげた。9月16日、東京・霞が関の厚労記者クラブで会見した「親子ネット」代表の武田典久さんらは「別居親=父親という固定観念があるが、実態はそうではない。この3年くらいで、子どもに会えないお母さんが増えている」と述べた。会見には、子どもに会えない母親、祖母ら23人の女性当事者が参加し、自身の経験…

続きを読む

社会Comment (0)

「気をつけろ」「スカートを短くするな」ではなく…痴漢に遭った中学生の私に、大人がかけるべきだった言葉

【この記事には、性暴力に関する言及・表現があります。フラッシュバックなどの心配がある方は、ご自身の状態に注意してお読みください。】  電車の中で、路上で、お店の中で、同意なく身体を触られる/触らされる、精液をかけられる、性器を見せられる。多くの方がこうした被害を経験している。  しかし、2010年に警察庁が実施したデータによると、過去1年間に痴漢被害にあった人の89.1%が警察に通報・相談を…

続きを読む

社会Comment (0)

男は遊ぶ場所があるのに、女の息抜き場所はない……女性社長が語る「現代の女性にこそ“サウナ”」の理由

「サウナは“男のもの”でした」サウナ大好き日芸卒女学生が、女性のための湯屋『江戸遊』を創るまで から続く 1960年代に日本大学芸術学部写真学科に入学。地元の両国から自由が丘の女性専用サウナにマイカーで通うアヴァンギャルドな女子学生は、結婚・出産を経て、48歳にして温浴施設を起業する。女性のための施設を志し、全くの素人からスタートした『両国湯屋 江戸遊』が人気施設になるまで、オーナー・平井要…

続きを読む

社会Comment (0)

老後に不安を感じる人は8割超、過半数は「老後対策をしていない」 理由は「費用がかかるから」

老後に不安 セコムは9月8日、老後の不安に関する意識調査の結果を発表した。調査は6月にネット上で実施し、20歳以上の男女500人から回答を得た。 「老後に不安を感じる」と回答した人は83.8%。性年代別にみると、「50代女性」(90.0%)が最多で、次いで「40代女性」(88.0%)、「30代女性」「50代男性」「60代以上男性」(各86.0%)などが上位に続いた。「20代男性」「40代男性」を…

続きを読む

社会Comment (0)

レジ係の「年齢確認」やりすぎはNGなのか 徹底したら同僚に「迷惑」と批判され...私が悪いの?とあるアルバイトの疑問

私のやっていたことは、迷惑な行為だったのでしょうか――こんな問いかけが印象的なメールが、Jタウンネット編集部に届いた。送り主は、大阪市内に住む20代女性・S子さん(仮名)。とある小売店でレジ係のアルバイトをしていたという。そんな彼女が抱いている悩みは、アルコール類やタバコなどを販売する際の「年齢確認」に関するもの。 年齢確認に関する悩みとは...(画像はイメージ、記事とは関係ありません…

続きを読む

社会Comment (0)

他人を非難したい人が多すぎる!? 正義感を暴走させる大人たちが怖い

悪いことをした人間は罰せられるべきである——。それは確かに正論なのですが、「あいつは悪いことをしたのだから、みんなで傷つけてもいい」「あの人は昔、こんな酷いことをしたのだから、我々が強く非難し続けるべきだ」とばかりに、完膚なきまでに叩きのめしてしまうのはいかがなものでしょうか。 正義感も行き過ぎると、恐るべき「悪」となる…最近そんなケースが多発しているように思います。 ほんのはずみで「悪い子…

続きを読む

社会Comment (0)

非難されてもパチンコ屋に通う若者を直撃「ほかに行く場所ない…」

 連日発表される感染者数に右往左往する人がいる一方で、コロナなんてまるで他人事かのように自身の欲望に忠実な行動を取っている人もいる。 彼らがパチンコ屋に通うワケはなんなのか ※イメージです  その典型はパチンコ店に集う人々だ。休業要請中はそれに従わない店があって日本中から白い目で見られていたし、今でも世間から非難を浴びやすい場所だ。それなのに彼らがパチンコ屋に通うワケはなんなのか。都内のホ…

続きを読む

社会Comment (0)

人気記事