なぜ? Twitterが「いいね」廃止検討、タイムライン並び替え 責任者に聞く

 ツイートをあとで読むための「ブックマーク」機能の追加、簡単に時系列ツイート表示に切り替えられるボタンのテスト――など、米TwitterがTwitterのサービスについてさまざまな修正を加えている。さらには「いいね」機能廃止の検討の他、ツイートの修正機能の実装もジャック・ドーシーCEOがほのめかしている。 【その他の画像】  また、8月にはヘビーユーザーを中心に支持されてきた、リアル…

続きを読む

SNSComment (0)

BTSファンのTSUTAYA店員「BTSの悪口言ってる客を許さない。個人情報を扱ってて名前まで暴露できるぞ」と脅迫

ゴゴ通信の元の記事はこちらからご覧ください 【簡単に説明すると】 ・BTSファンのTSUTAYAバイトが脅迫? ・客がBTSの悪口を言っていたのを聞く ・店員「個人情報を扱ってて名前まで暴露できるぞ」とツイート BTS(防弾少年団)のファンであるTSUTAYAのバイト店員が業務中にBTSの悪口を言っているのを聞いてしたまったようでその怒りをツイート。 Twitterに「BigHitは運営して…

続きを読む

SNSComment (0)

「支離滅裂な思考・発言」パロディー、版元注意もやまず 「控えよう」呼びかけにも悪ふざけ

書籍に掲載された「支離滅裂な思考・発言」という吹き出し付きイラストをパロディー化し、セリフ部分を改変するインターネット上の「遊び」が、出版元による注意喚起から1か月以上経ってもやまない。 書籍は精神医学に関するもので、「支離滅裂な思考・発言」は統合失調症の一症状を紹介したイラスト。本来センシティブな内容であるだけに、注意喚起後はネットユーザーの間でもパロディーを「やめよう」と発信する声があがる…

続きを読む

SNSComment (0)

Twitterが議論の質を低下させる「いいね」機能を削除か?

ゴゴ通信の元の記事はこちらからご覧ください 【簡単に説明すると】 ・Twitterが「いいね」機能を削除か? ・イギリスメディアが報道 ・Twitter側は否定 イギリスメディア、デイリーテレグラフの公式Twitterが「Twitterは議論の質を向上させるために“いいね”機能を削除する」と10月29日に投稿し話題になっている。 これを受けてTwitterコミュニケーションチー…

続きを読む

SNSComment (0)

Twitterからアニメアイコンが一掃される? 東京地裁の判断に注目が集まる

 Twitterのアイコンの著作権をめぐり裁判所が新たな判断を示し、注目を集めている。  自身が撮影した写真を無断でTwitterアイコンに使われていたとして、プロ写真家が投稿者情報の開示を求めていた裁判で、東京地方裁判所は10月16日、Twitter社に対してツイート投稿者の発信者情報を開示するよう仮処分を下したのだ。  注目されているのは、東京地裁の判断の根拠。東京地裁では、「無断使用し…

続きを読む

SNSComment (0)

高須克弥に民間療法を薦める人登場→神回答でネット絶賛!

YES高須クリニックで知られ、樹木希林さんと同じく「全身がん」を告白しました高須克弥さんが、SNSでの質問に対 ... YES高須クリニックで知られ、樹木希林さんと同じく「全身がん」を告白しました高須克弥さんが、SNSでの質問に対し神回答をしていることが話題となっております。どうやら質問者は「断食」をすることでがんに効果があるということを知らされていたようです。 なぜ断食をしないのですか …

続きを読む

SNSComment (0)

Twitterトレンド入りの「クッパ姫」とは? 新アイテムでクッパが女体化した二次創作キャラが爆発的流行

 Twitterで「クッパ姫」がトレンド入りするなど流行しています。簡単に言うと、任天堂のマリオシリーズに登場する敵キャラ「クッパ」を女体化したキャラクターで、海外ユーザーのhaniwa氏が投稿した二次創作をきっかけに、国内外で多くの絵師がイラストを公開するなどして話題に。勢いがすごい……! 【その他の画像】クッパ姫のイラスト入りツイート  そもそもは、先日発表されたNintendo…

続きを読む

SNSComment (0)

若い女子のSNSに乱入「TikTokおじさん」が急増中。そのキモい使用法

 中高生を中心に爆発的に流行している動画アプリ「TikTok(ティックトック)」。人気の音楽に合わせて動画を撮影し、ネット上で共有する。もはや社会現象と言ってもいいほどに利用者が増え続けているが、この「TikTok」の利用者に中高年男性が増えているという噂がある……。  キレイでカワイイ、そしてカッコいい利用者がアップする動画だからこそ多くの人々が見入ってしまうのであり、筆者のようなお…

続きを読む

SNSComment (0)