3割が「後悔しないように生きている」と自信 休日の過ごし方に意識差も

一度切りの人生なのだから、後悔のないように生きていきたいものである。しかし日々に追われると、そんな気持ちを忘れることもあるだろう。画像をもっと見る■「後悔のないよう」3割もしらべぇ編集部では全国10〜60代の男女1,789名を対象に、「人生について」の調査を実施した。「後悔しないように生きている」と答えた人は、全体で31.4%だった。関連記事:セカオワSaoriが成人式に行かなかった理由 「…

続きを読む

生活Comment (0)

「息子のお嫁さんがコロナを理由に孫に会わせてくれない」 義母の不満に批判相次ぐ

孫に会えないのは仕方ない?新型コロナの影響で、孫に会えずに寂しい思いをしている人は多いだろう。ヤフー知恵袋に8月下旬、「息子のお嫁さんがコロナを理由に孫に会わせてくれません」という相談が寄せられた。相談者は東京都在住の女性。3人の息子がいるものの、結婚して家を出たのは末っ子の一人だけ。たった一人の孫は1歳の可愛い盛りだが、感染予防のためと息子に言われ、正月から会えていないと嘆いている。この秋…

続きを読む

生活Comment (0)

独身の中年息子が贈った新築マンションで、70代の父母は要介護に陥った

46歳の独身男性は、実家の近くに建った新築マンションの一室を、73歳の父親と71歳の母親にプレゼントした。しかし入居して約3カ月後、母親が入浴中に転倒。母親は要介護に陥ってしまう。さらに父親もがんと認知症を発症。男性は40代後半からの7年半、ひとりで両親を介護することになる——。(前編/全2回) この連載では、「シングル介護」の事例を紹介していく。「シングル介護」とは、未婚者や、配偶者と離婚や死…

続きを読む

生活Comment (0)

3割が「後悔しないように生きている」と自信 休日の過ごし方に意識差も

一度切りの人生なのだから、後悔のないように生きていきたいものである。しかし日々に追われると、そんな気持ちを忘れることもあるだろう。画像をもっと見る■「後悔のないよう」3割もしらべぇ編集部では全国10〜60代の男女1,789名を対象に、「人生について」の調査を実施した。「後悔しないように生きている」と答えた人は、全体で31.4%だった。関連記事:セカオワSaoriが成人式に行かなかった理由 「救わ…

続きを読む

生活Comment (0)

「10代だけど名前が"はつゑ"」古風過ぎるのも困る? "シワシワネーム被害者"の声

自分の名前、好き? 個性や目新しさを狙ったキラキラネームに苦労する人は多いが、古風な名前”シワシワネーム”でも困ることがあるようだ。ガールズちゃんねるに9月上旬、「シワシワネーム被害者の会」というトピックが立った。 「民子です。用務員のおばちゃんと同じ名前でした。24歳です」 「合コン行って名前を言うと『おふくろと同じ名前!』って言われる」 シワシワネームだと、さまざまなシーンで自分より上の世代…

続きを読む

生活Comment (0)

台風のとき避難したら笑われた…体験漫画が伝える「災害に対する危機感のずれ」

 台風や洪水、地震など、自然災害に事欠かない日本。自宅が被災して避難所で寝泊りする事態も起きますが、避難のタイミングというのは早ければ早いほど、そして経験を積んでいるとより確実です。土砂災害警戒区域に自宅のある漫画家が、Twitterで早めの避難を呼びかける4コマ作品を発表しています。 【その他の画像・さらに詳しい元の記事はこちら】  この4コマ作品は、漫画家のきよまろさんが2019年に「避難…

続きを読む

生活Comment (0)

ベランダ喫煙の“ホタル族”に激怒する声「エアコンの室外機から煙が」「赤ちゃんいるのに」

「外に洗濯物干せない」と嘆く声 「室内では喫煙するな」という家庭内のルールのため、「ベランダで吸ってよ!」と追いやられる喫煙者のことを昔からホタル族なんて呼んでいた。最近では一部コンビニで店頭の灰皿も撤去され、いよいよ愛煙家たちの立場も悪くなってきた。 パチンコ店では今年4月から分煙が徹底され、今や喫煙者は狭いガラス張りのスペースに押し込まれ、見世物みたく肩を丸くしてタバコを吸っている。僕は生ま…

続きを読む

生活Comment (0)

遺影をめぐる“命をかけた故人の訴え”、そのワケは――葬儀屋さんと遺影の漫画に涙がじわり

 数十年前の写真を遺影に使いたい。そんな故人の希望をめぐる漫画に涙する人が続出しています。石川チカさんによる、葬祭社「若狭セレモニー」を舞台にした漫画『大安仏滅』のエピソードです。 【画像】漫画を読む  若狭セレモニーが請け負ったのは、90歳で大往生した女性の葬儀。故人との生前の打ち合わせのもと、本人の強い希望により、数十年前の写真を遺影に使おうとします。しかし、それを知った喪主の娘は「笑わ…

続きを読む

生活Comment (0)

「ムームーのいただきます」を見ていると不安に…… Eテレを素直に見られない保護者の漫画に共感集まる

 2018年生まれの娘さんを育てるしぃさんが、「おかあさんといっしょ」内のコーナー「ムームーのいただきます」を見ているとき特有の「不安」について、漫画にしています。【画像】マンガをすべて読む 2歳の娘さん・ひなちゃんと一緒に「おかあさんといっしょ」を鑑賞していたしぃさん。同番組の「ムームーのいただきます」は、青いオオカミの男の子・ムームーが、子どもたちが食事をする様子を紹介するコーナーです。…

続きを読む

生活Comment (0)

働く女性の6割超が「もっと外食したかった」、飲食店選びでは「衛生対策」も重視

 スターツ出版は8月31日、女性サイト「OZmall(オズモール)」が東京を中心に働く女性を対象に実施した、ホンネ調査「最近の外食事情について」の結果を発表した。調査は、20~49歳の働く女性5394人を対象に、7月14~28日の期間に行われている。 【画像付きの記事はこちら】  調査対象者に、直近の1カ月間で夜の外食に何回行ったかを尋ねたところ、平均は2.3回だった。 直近1カ月間の外食回数…

続きを読む

生活Comment (0)

人気記事