開成高校で“なりすまし登校”発覚 授業オンライン化で「本人確認」は? 若新雄純氏「学校の“コミュニティ意識”は残る」

 39年連続東大合格者数日本一、偏差値70を超える全国最難関の開成高等学校で前代未聞の騒動が起きた。 【映像】「半年近く別人が通っていた」名門・開成高校で起きた“なりすまし登校”の実態  開成高校によると、今年2月、入学試験に合格したA君(仮名)は、入学前に合格者説明会に出席。このとき、開成高校は受験票の写真と本人の顔を照合していたが、新型コロナの影響で入学式は行われず、授業はオンラインで開…

続きを読む

学校・教育Comment (0)

罪と向き合って17年…元ヤクザの牧師が語る「あなたが必ず救われる方法」

■罪と向き合って17年、信仰が救った人生 「前を向いて生きていく」とは、具体的にはどのような行為だと思いますか? それは、「自分を信じ、評価してくれる誰かがいるということを、信じて生きていく」ことだと、私は思っています。 私は埼玉県川口市にある「『罪人の友』主イエス・キリスト教会」で、罪を犯し、人生をやり直したいと思う人が神様と出会う場を開いています。私を訪ねてこの教会にやって来る人の半分は、刑…

続きを読む

学校・教育Comment (0)

「教師の能力が劣るわけではない」と語る全身タトゥーの小学校教師に物議(仏)<動画あり>

【この記事の動画を見る】もし幼稚園や小学校に臨時でやってきた教師が全身にタトゥーを入れていたら、子供たちはどんな反応をするだろうか。日本であればタトゥーが発覚した時点で採用はされないだろうが、フランスに住む35歳の男性教師は「怖がるのは一瞬だけ。タトゥーをしていても教師の能力が劣るわけではない」と持論を展開し物議を醸している。見えないところだけならまだしも、彼のタトゥーは眼球にまで及んでいるのだ…

続きを読む

学校・教育Comment (0)

5万人超の署名を文科省に提出…わいせつ教員が再び教壇に立つことができるのも「職業選択の自由」なのか?

 28日、「子どもへのわいせつ行為の前歴がある人へ、教員免許再交付しないで下さい」というネット署名5万4000筆分が文部科学省に提出された。 ・【映像】免許再交付"NO"署名活動をした保護者「信用できないので再交付をやめていただきたい」  署名活動をした団体の武田さち子氏は「(明らかになっている)わいせつ行為をした教員の数は氷山の一角だ」と指摘、郡司真子氏は「わいせつ犯罪歴があったり、子ども…

続きを読む

学校・教育Comment (0)

学校に通わないことも一つの選択肢として受け入れられる社会に── 「明日、学校へ行きたくない」という人たちから寄せられた投稿について考える【話者:茂木健一郎、信田さよ子、山崎聡一郎】

 「2学期が始まるけど学校に行きたくない」 自殺総合対策推進センターのデータによると、子どもの自殺が最も多いのは夏休みが終わる8月後半と言われています。 ニコニコ生放送では、8月24日に『「明日、学校へ行きたくない」投稿をもとに みんなで考える生放送』を実施。 本番組は、「いじめに遭っていて学校に行きたくない」「何かしらの原因があって学校生活がつらい」「過去、いじめを受けた経験がある」等という人…

続きを読む

学校・教育Comment (0)

プログラミング教育は何のために?

■プログラミング教育で目指すもの 小学校教育におけるプログラミング教育の指導要領の中では、その中で次の「3つの柱となる」資質・能力を育てるとしています。 【知識及び技能】 身近な生活でコンピュータが活用されていることや、問題 の解決には必要な手順があることに気付くこと。 【思考力、判断力、表現力等】 発達の段階に即して、「プログラミング的思考」 を育成すること。 【学びに向かう力、人間性等】…

続きを読む

学校・教育Comment (0)

「詳細は18禁サイト任せ」世界の先進国で最も遅れている日本の性教育

性行為の内容や避妊の手順について、学校ではどこまで教えるべきなのか。ドイツ出身のコラムニスト、サンドラ・ヘフェリン氏は「ドイツの学校では生徒が知りたいことはすべて教える。バッシングを恐れて何も教えない日本の性教育とは大きく異なる」という——。 ■日本人は性教育が足りない 日本に長く住む筆者は「日本と外国の文化の違い」についてよく考えます。なかでも最も違うなと思うのが「性のあり方」に関する考え方で…

続きを読む

学校・教育Comment (0)

「子供のゲーム課金」認める? 認めない? どっちが子供のためになるのか…

子供のお小遣い、使い道は本人にゆだねる…とはいえ、ときには「それって、どうなの?」と口を出したくなるような使い方をすることもあります。たとえば、ゲームの課金。最近、子供がゲームの課金にお小遣いを使っている…という話題を、チラホラ耳にするようになりました。 そして、「子供が課金すること」に対する親の意見も賛否両論。今回は「子供がゲームで課金すること」っていいこと? 悪いこと? 果たしてどちらなの…

続きを読む

学校・教育Comment (0)

「40-32÷2=?」の問題を「4!」と答えて正解になった理由とは?

理解すると納得しちゃうとんちのような計算式の問題を。上の問題が黒板に書かれていたとしたらどう回答しますか? 小学生の解答が正解かどうかが分かれる? 40-32÷2=?小学生「4!」文系「やっぱわかんないか~」理系「正解!よくわかっているね」 この計算式を普通の解くと、割り算を先に計算するので 40-(32÷2)= 40-16 = 24 なので、正解は24となるのが一般的で…

続きを読む

学校・教育Comment (0)

家庭内から少年誌の性表現まで…社会に根付く「有害な男らしさ」 太田啓子弁護士が語る「子育て論」

「男子ってバカだよね」「男の子の意地悪は好意の裏返し」。子どもを育てていると、よく聞く言葉がある。しかし、これに疑問を呈するのが、セクハラや性被害、女性差別などの問題に取り組んできた太田啓子弁護士だ。 プライベートでは小学生の息子2人の母親でもある太田弁護士は、男の子を育てるにあたり、「女の子の子育てとは違う」と感じてきたという。男の子は知らず知らずのうちに、「こういう遊びが好き」といった「男…

続きを読む

学校・教育Comment (0)

人気記事