「やりがい搾取」「残業代ゼロ」「定額働かせ放題」…悲痛な #先生死ぬかも の背景に50年前の「給特法」

 教育関係者らおよそ1900人が参加したウェブセミナーをきっかけにTwitter上で拡散したハッシュタグ「#先生死ぬかも」。現役の教員とみられるアカウントからは、「この10年で現職の教員を3人見送っている。死ぬかもじゃないんです」「給食は5分以内に飲み込むようにして食べる。給食指導をしたり。噛んでる暇はない」「政治で働き方を変えられないという無力さがこの声を生んだのだと思う」といった、過酷な労働…

続きを読む

学校・教育Comment (0)

「小学4年生の娘が財布から5000円抜いていた」という投稿に反響 「私もやってた」「癖になっているかも」

親はどうすればいい? 育児はとても大変だが、特に子供が悪事を働いた時の接し方に頭を悩ます親は多くいる。ガールズちゃんねるに8月11日、「親の財布から子供がお金を盗む」というトピックが立った。 小学4年生の娘がトピ主の財布から5000円を抜いていることが発覚したという。「友達と遊ぶお金が欲しかった」と泣きながら理由を述べたが、実は保育園の年長だった時にも盗んだ経験があり、これが2回目の”犯行”にな…

続きを読む

学校・教育Comment (0)

「大好きな担任が産休に入る。おかしいですよね」と怒る中学3年生に「先生も学校は仕事。プライベートとは別」と諭す声

担任を慕っていただけにショックも大きいようだ 妊娠は当人からしたら喜ばしいが、他人も同じ思いかといえばその限りではないようだ。匿名掲示板ミクルに7月下旬、「担任の先生が妊娠」というトピックが立った。相談者は中学3年生で、担任が10月から産休を取るという。これに対して、 「みんなのことを最後まで見てくれるって言っていたのに、今日になって10月に辞めるなんて。おかしいですよね」 と訴える。担任は誰か…

続きを読む

学校・教育Comment (0)

「靴下は白」 理不尽な「ブラック校則」、子どもの声聞き変えられない?

 例えば、「頭髪のツーブロック禁止」「靴下は白一色」など学校の「校則」の中には、理不尽で、世の中の多くの人から見ると、「なぜ、これが禁止されているのだろう?」と不思議に思うような、いわゆる「ブラック校則」が存在します。学校内の秩序を守るために、一定のルールは必要なのかもしれませんが、教師など学校側の都合のいいように校則が決められ、それを維持するためにブラック校則も変えられないでいるようにも思えま…

続きを読む

学校・教育Comment (0)

無免許・危険運転で捕まった反抗期の少年 キレた両親のお仕置きが話題に

(Jupiterimages/iStock/Getty Images Plus/画像はイメージです)両親が家にいないのをいいことに、あまりにも危険な行為に出た反抗期の少年。警察からの連絡ですべてを知った両親が、すごいお仕置きを思いついた。■息子を置いて出かけた両親米国・アリゾナ州で暮らすある少年は、反抗期の真っただ中のせいか、これまで何度か問題を起こしては家族、とりわけ両親を心配させてきた。しか…

続きを読む

学校・教育Comment (0)

「ケーキを3等分せよ」 簡単な問題のはずが…少年の答えに衝撃

ベストセラーとなった、児童精神科医である宮口幸治さんの著書『ケーキの切れない非行少年たち』。精神科病院や医療少年院に勤務した経験を持つ宮口さんが、非行少年たちの中には気付かれてこなかった『軽度知的障害』や、知的障害とまではいえないものの現代社会でさまざまな困難に直面する『境界知能』の人も大勢いることを指摘し、話題となりました。その書籍を原作として、漫画家の鈴木マサカズさんが漫画化!社会のセーフテ…

続きを読む

学校・教育Comment (0)

中3息子「Vtuberにスパチャ送りたいからクレカ貸して」にどう対応すべき? 悩む母にアドバイス集まる

貸すべきか否か…… 僕はどうにも価値観が古い人間なので、新しい物に対しては迎合する気持ちになれず、拒否反応を起こしてしまう。仕事だろうと趣味だろうと全部に当てはまるイヤな習性だ。 当然、今流行りのインスタも数年前から小バカにしてるし、お笑いは好きだけどお笑い第七世代とかは全然面白くないと思い込んでしまっている。このままでは文句ばかりの老害になってしまうことだろう。 ここ最近は有象無象が蔓延るVt…

続きを読む

学校・教育Comment (0)

幼稚園で起きた「正義の暴走」 娘に起きたトラブルを描いた漫画が考えさせられる

 幼稚園で子どもに起きた友達とのトラブルについて描いた漫画が、考えさせられる内容で胸に響きます。作者は数々の育児漫画の連載を持つエェコさんです。 【その他の画像】  ある日、幼稚園から娘さんが友達とトラブルになったと電話を受けた作者のエェコさん。急いで幼稚園に向かうと、待っていたのは頬に冷却シートを貼ってもらい、泣いている娘さん。  発端は、よく「シールあげようか? でもやっぱりあげない」…

続きを読む

学校・教育Comment (0)

貧困東大生が感じた絶望。9割が「金持ち家庭出身」なのに自覚がない東大生

 はじめまして、現役東大生の布施川天馬と申します。学生生活の傍ら、ライターとして受験に関する情報発信などをしています。  突然ですが、東大生になるためには何が必要だと思いますか? 東大に合格するためには、いったいどんなものが恵まれていればいいんでしょうか? おそらく多くの人は「頭の良さ」と答えると思います。勉強ができて、天才的な頭脳がある人が東大に受かる、と。しかし、それは違います。答えは「金…

続きを読む

学校・教育Comment (0)

下がり続ける日本人の読解力。「読みやすい本」に潜む脳への悪影響とは

 経済協力開発機構(OECD)は、3年に一度国際的な学習達成度の調査を行っている。OECD加盟国は、アメリカ、イギリス、韓国、エストニアなど37か国で、それらの国の15歳児を対象に、「読解力」「数学的リテラシー」「科学的リテラシー」の3部門で調査をしているのだ。 ◆読めば読むほど読解力が下がる photo via Pexels  2018年に行われた調査によると、日本の数学的リテラシーは1…

続きを読む

学校・教育Comment (0)

人気記事