不妊治療の保険適用9割超が賛成。ただ、少子化解消にはそれだけでは無理との声も

 不妊治療の経済的負担を軽減するため、厚生労働省は18日、既存の助成金制度を2021年4月から拡充する方向で調整に入った。  16日に就任したばかりの菅首相の指示によるもので、「早くとも2022年までに不妊治療の保険適用を目指す」とする新首相にとっては目玉の政策と言えるだろう。  このような動きがある中、9月15日、女性向けメディアアプリ「LOCARI」を運営する株式会社Wondershake…

続きを読む

医療Comment (0)

手取り15万の医療事務の嘆き「夏のボーナスがコロナで半減…」

 コロナの影響で診療や入院患者の受け入れを大きく制限されている医療機関。日本病院会などの調査によると、2020年6月に67.7%の病院が赤字経営に陥っている(回答数1459病院)といい、実際に医療関係者への夏のボーナスが減額になったという話も各方面から聞きます。 画像はイメージです(以下同じ)  東北地方の農村にある私立総合病院で医療事務として働く萩村芳子さん(仮名・25歳)もこの夏のボー…

続きを読む

医療Comment (0)

この給料では安すぎ!と思う職業に「介護職」「保育士」など 「生活保護より低い」「資格あっても手取り20万ちょい」

給料が安い職業とは しんどい割に給料が安い!と感じる仕事はたくさんある。ガールズちゃんねるに8月24日、「この職業の給料は安すぎだろうと思う職業」というトピックが立った。トピ主が 「介護職、保育士。仕事や責任の割に、手取り10万半ばの給料は安すぎだと思います。せめて手取り給料25万から30万あってもいいと思います」 と提言すると、 「いや初任給でも手取り40万あってもいいよ」など、数時間で200…

続きを読む

医療Comment (0)

「私の症状と同じ!」原因不明の病に長年苦しんだ女性 TVドラマを見て病名判明、見事回復へ(米)

アメリカの人気医療ドラマを見ていた女性が、長年患ってきた原因不明の症例に酷似したエピソードを発見した。女性はこれをヒントに医師に自身の病名を打診、見事原因解明に繋げた。『VT.co』『Metro』などが伝えている。 米ニュージャージー州ジャージーシティに住む19歳のバレーダンサー、オリビア・ヴェシロさん(Olivia Vessillo)は原因不明の胃痛に悩まされていた。幼い頃から感じていた吐き…

続きを読む

医療Comment (0)

自宅出産で大出血した女性が死亡 対応の遅れを指摘された助産師2名が出廷へ

(ideabug/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)「救急車を呼んで」と懇願するもなかなか聞き入れられず、そのまま気を失った産後の女性。付き添っていた助産師らの行動は、どう裁かれるのか。■自宅出産を選択した女性2012年1月、オーストラリアで暮らしていた妊婦(36)が「助産師を自宅に呼んで、家で赤ちゃんを産みたい」「出産用プールを設置して水中出産をしたい」と決…

続きを読む

医療Comment (0)

猛暑日×自転車の「肛門火傷」に恐怖の声相次ぐ 専門店はさらなる悲劇も指摘

各地で例年以上の暑さが続く中、21日ごろからツイッター上で「肛門火傷」なる物騒なワードが浮上し始める。どうやら、異常な暑さに晒された自転車に乗車した際に負ってしまう火傷のようだ。■「肛門火傷」の発症は…注目を集めたのは、とあるツイッターユーザーの報告談。投稿主は薬剤師のようで、話題のツイートには「肛門に火傷したという薬事相談が二日連続で来てる」と綴られており、自転車や原付に乗る際は日差しのせいで…

続きを読む

医療Comment (0)

「夫は床で就寝、お風呂は最後」急増する妻への感染防ぐには

(写真:共同通信)東京都では8月に入って2週間で40~50代の家庭内感染者がおよそ120人を記録。さらに東京都の担当者によると、家庭内感染した40~50代のうちの約7割が女性で、“夫からの感染”が増えているという。これを防ぐにはどうすればいいのか。帝京大学大学院公衆衛生学研究科の高橋謙造教授は言う。 「夫が帰宅したらすぐ衣服は洗濯したり、入浴するなどの基本的対策をしてください。バッグなどの持ち…

続きを読む

医療Comment (0)

「タバコ喫煙者はコロナ感染から守られる」決定的証拠

■「非喫煙者は、コロナ感染リスクが高い」 コロナ禍で外出を自粛していた間に改正健康増進法が施行され、タバコを吸える場所がめっきり減った。原則的に屋内禁煙となり、これまでオアシスだったJR東海の新幹線の喫煙車両も廃止されてしまった。緊急事態宣言が解除され、私も都内に足を運ぶ機会が増えてきたが、立ち寄ることの多い喫煙所も以前より混んでいる気がする。 もちろんタバコを吸える場所が減ったことで、1つの喫…

続きを読む

医療Comment (0)

緊急避妊薬「アフターピル」なぜ日本では手に入りにくい? 薬局販売、未成年無料の国も

 筆者の私は、2年ほど前から低容量ピルを服用しているのですが、先日「休薬期間を設けずに4シート分連続して服用できる」という種類のピルに切り替えました。単純に計算して毎月来ていた生理が年に3回しか来ないということで、格段に生活しやすくなるのでは、と期待しています。  ところで、そのシートは1枚約3000円。病院によって、また初診と再診によってで値段は若干違うようですが、だいたい他の低容量ピルに関…

続きを読む

医療Comment (0)

「黒マスクをつける」10代は3割近くも 中高年からは「ヤンキーみたい」の声

新型コロナウイルスの感染防止として、マスクは欠かせないものとなった。マスクを用いてのおしゃれとして、代表とされるのが黒マスクである。画像をもっと見る■「黒マスクをつける」2割弱しらべぇ編集部では全国10〜60代の男女2,168名を対象に、「マスクについて」の調査を実施した。「黒マスクをつけることがある」と答えた人は、全体で16.7%だった。関連記事:小池都知事はおしゃれだけれど 50代の6割…

続きを読む

医療Comment (0)

人気記事