「古のネット用語わかんないよ~!」にインターネット老人会反応

 2020年8月末にTwitterで流行した「〇〇わかんないよ~!」ネタ。いわゆる業界内では常識とされていることでも、門外漢にとっては全然分からない……という用語やネタについて自虐的に表現したイラストですが、そのネットスラング版が投稿され、インターネット老人会を中心に反響を呼んでいます。 【その他の画像・さらに詳しい元の記事はこちら】  このイラストを投稿したのは、とらうとさぁもんさん(@Ha…

続きを読む

「話を聞くだけで1000万円」「政府支援金3億円が当たった」トンデモ詐欺にひっかかる人多すぎ! なぜか20代女性が被害多いってどういうこと?(2)

「メールで相談にのってくれるだけで1000万円あげます」 「あなたに政府の支援金3億円が当たりました」こんなトンデモ話に引っかかる人が後を絶たないという。俗に「エビで鯛を釣る」あるいは「棚からぼた餅」といわれる「利益誘引型」の詐欺サイトが横行しており、被害者が増えているため、国民生活センターが2020年7月16日、注意を呼びかけた。 被害者で一番多いのが、20代の若い女性だ。いったいどんな手口に…

続きを読む

情報弱者が答えがちな、PC環境があるあるすぎると話題に

image:秒刊SUNDAY 今、ネット上ではPC初心者からされることの多い質問や、その傾向が話題になっています。お客様や知人、家族からこんな内容の質問や回答を受け、困ったことがあるという経験をお持ちの方は意外と多いのではないでしょうか。特にカスタマーサポート、テクニカルサポートやシステム保守などの経験がある人には共感できる部分が多い内容になっています。 PCの利用環境を聞くとその人の生活が見え…

続きを読む

「お前を消す方法」でおなじみの“Excelイルカ”、最新版でも予想外の場所で生存が確認される 「なつかしい」「再雇用枠か」

 イルカのキャラクター「カイル」が、最新の「Microsoft 365」などでも登場することが判明し一部のWindowsユーザーが消さなければという使命感に燃えているようです。その見つかった場所とは、“はがき印刷機能の切手スペースイラスト”。なんてひっそりとした場所に……。 【画像】カイルの拡大写真  「カイル」は、古いバージョンの「Microsoft Office(MS Office)」に…

続きを読む

ネット検索にまつわる『あるある』な出来事に共感の声「そんなのしょっちゅうあります」

今や私たちの日常に欠かせない行動のひとつが、「インターネット検索」ですよね。 何か調べたいことがあれば、スマートフォンやパソコンですぐに検索できる時代になりました。 そんなネット検索にまつわる『あるある』な出来事を表現した漫画が、Twitterで話題になっているのでご紹介します。 あまりに情けなかったので漫画に ネット検索の『あるある』な出来事を漫画で表現した、漫画家のこぶろう(古部 …

続きを読む

「不正アクセスがありました」メールは信じるな。フィッシング詐欺の最新手口

◆SMSの詐欺メールが多い理由は成功率の高さとコロナ禍  最近、「フィッシング詐欺メールで騙されそうになった」という人が増えている。主な被害例は ・メールに記載されていたURLをクリックしたら偽サイトに飛ばされた ・ドメインの部分が【annazon.com】などになっていたが気づかなかった  というものだ。  自分は騙されないぞ、と思っている人すらうっかり騙されてしまうことすらあるこの手…

続きを読む

URLを送るは時代遅れ、最近の若者の連絡方法が衝撃すぎると話題に

image:PIXABAY 情報社会である現代において、いかに迅速にわかりやすく相手に情報を伝えるというのはとても重要なことがらです。たとえば上司に何か調べてくれと頼まれて、調べた結果を上司に送るときはどうやって返しますか?その方法についての議論が話題になっています。あなたの答え次第では若者かそうでないのか判断されてしまうかも、、 一万回注意したけど直してくれない 若者のスクショ癖を腐すの嫌な…

続きを読む

なぜ、危ない玩具がネットで買える? 宝塚・ボウガン殺傷事件で改めて考える

 頭蓋骨を貫通する矢。家族皆殺しのために、犯人が選んだのはボウガンだった。「有害玩具」を使った凶行は、なぜ繰り返されるのか? 規制を受けずに野放しになっている身近な武器の実態に迫った。 ◆ボウガンは数万円あればネットで簡単に手に入る  一家4人がボウガンから放たれた「矢」によって次々と殺傷されていく。6月4日、宝塚市で凄惨な凶悪事件が発生し、日本中を震撼させた。  ボウガンとはライフルのよ…

続きを読む

炭酸水のAmazonレビューが「もはや論文」「ガチすぎる」と話題 各メーカーの“炭酸の強さ”を約2カ月かけ調査

 サンガリアの強炭酸水に寄せられた2018年のAmazonレビューが、「もはや論文の域に達している」とTwitterで再注目されています。 【画像】最強の炭酸水  サンガリア、ウィルキンソン、ヴォックスなど各メーカーの強炭酸水をそれぞれまとめ買いし、炭酸の強さや抜け具合を2カ月以上かけて調査しています。情熱がすごい……。  ペットボトルの炭酸飲料を放置していると、未開封の状態でも少しずつ二…

続きを読む

「開かないダイヤルキーください」障害福祉施設がフリマアプリで募集 ”カギ名人”たちの5年間

「ダイヤルキー開けます。」。2月の中旬、そんな不思議な仕事をフリマアプリ「ジモティー」で見つけた。各地でマスクの品薄・価格高騰が発生。ジモティーへの出品状況を調べていたときだった。 「4桁までのダイヤルキーを開けます。当方障害者の作業所で根気よく1番号づつ(ママ)確認して解錠します! ぜひ持ち込みでも郵送でもお待ちしております」 開けられない鍵がちょうどあったはずだ。自宅の物置から鍵を引っ張…

続きを読む

人気記事