ロープウェイでも“カスハラ”報告…業種問わず被害広がる

広島県尾道市にある千光寺山ロープウェイの公式Twitterアカウントが9月19日、「『このご時世なのに人が多い』と怒鳴った人がいた」と報告した。コロナ禍で広がるカスハラ被害。ネットでは怒りの声が相次いでいる。 同アカウントは同日、《誘導している誘導員に「このご時世なのに人が多い」と怒鳴った人がいたようです。誘導員に怒鳴ったら人が少なくなるとお思いなんでしょうか》とツイート。続けて、こうつづった…

続きを読む

クレーマーComment (0)

買い物客の暴走「レジハラ」 理不尽な怒りや罵声...全部セルフレジにしては

スーパーやコンビニエンスストアでレジに立つ店員が客から受けるハラスメント、通称「レジハラ」。2020年9月3日放送の朝のワイドショー「グッとラック!」(TBS系)が店員100人を取材し、実態を報じた。飛沫防止シートを引きちぎったり、商品にシールを貼られて激怒したりする迷惑客を紹介すると共に、理不尽な行為を受けて苦しむ店員たちの声を伝えると、ツイッターには「レジハラ」の語句がトレンド入り。「レ…

続きを読む

クレーマーComment (0)

怒鳴る客にはこうだ! レジ店員の行動に「最高すぎる!」「スカッとした」

2020年7月1日から開始したレジ袋の有料化にともない、買い物用の袋であるエコバッグを持参する人が増えました。慣れないエコバッグの利用により、店員はレジ作業に時間がかかり、客が列をなすといった事態を見かけることもあるでしょう。客がレジに立つ店員を理不尽に怒鳴ったり、嫌味をいったりする行為は『レジハラスメント』(以下、レジハラ)と呼ばれ、社会問題になっています。『レジハラ客を落とす装置』ネット…

続きを読む

クレーマーComment (0)

32歳女、救急車で運ばれ「なんで勝手に連れてきてんねん」と激怒し医師を暴行

 救急車は治療を必要とする人に応急処置をしつつ病院に運ぶ、命を救う存在である。搬送された人は、ほぼ全てが感謝の意を示すものだろう。 ところが、そんな救急車を利用し命を救われていながら、クレームをつけ医師を暴行するという、モンスター中のモンスターが兵庫県尼崎市に現れたことがある。 ​>>58歳女、不要不急の119番を61回かけて逮捕 「タクシーで行くから帰れ」と追い返したことも<…

続きを読む

クレーマーComment (0)

「市販の鍋つゆは使うな」“料理警察”はポテサラおじさんだけじゃない

 スーパーの惣菜コーナーで子連れの女性がポテトサラダを買おうとしたら、突然見知らぬ高齢男性から「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」と言われた場面に遭遇した……。 ※画像はイメージです(以下、同じ)  Twitterへのそんな投稿をきっかけに、SNSではこの高齢男性の発言に多くの批判が集まっただけでなく「ポテトサラダを手作りするのがいかに大変か」という論争にまで発展。  しかし、料…

続きを読む

クレーマーComment (0)

レジ袋有料化による客の「レジハラ」が続出 『グッとラック』の特集が話題に

(Koji_Ishii/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)10日放送の『グッとラック!』(TBS系)でレジ袋をめぐるハラスメント「レジハラ」を特集。ツイッターでトレンド入りするなど大きな話題になっている。■レジ袋有料化で起こる「レジハラ」7月1日から始まったレジ袋有料化によって、スーパーでさまざまな問題が起こっているという。番組では、「今までタダだったものにお…

続きを読む

クレーマーComment (0)

接客業で“人間不信になった”という声「ドラッグストアで対人恐怖症になった」「変態から電話が来る」

接客業はしんどい? 客が従業員に恫喝や理不尽なクレーム、過剰な要求 をする”カスタマーハラスメント”が問題視されて久しい。とりわけ接客業で働く人は、ストレスに曝されがちだ。ガールズちゃんねるに6月17日、「接客業をやったことある人にしか分からないこと」というトピックが立った。 「50代~の世代の人ら何かとブーブー言ってくる人が多い。ねちねちチクチク言ってくる。じじいは何かと吠える。若い子は余計な…

続きを読む

クレーマーComment (0)

「役立たず」客の暴言で疲弊、労働者からのSOS コロナで顕著「カスハラ」の処方箋

小売や外食などの労働組合が加盟する「UAゼンセン」には、新型コロナウイルス問題に関連して、組合員が受けたハラスメントの相談が多く寄せられています。 「従業員はマスクしていながら、客には売らないのか」 「レジ待ちが長すぎる。何とかしろ」 「感染したら店のせいにしてやる」 物流や医療業界からは、感染リスクを理由に差別的な扱いを受けたという報告も寄せられていました。 「子ど…

続きを読む

クレーマーComment (0)

「私の髪を優しく触ってくれたのに…」美容師を困らせるモンスター常連客

 美容師とお客さん。互いの距離は近く、時には恋愛に発展することも。しかし、その近さが仇となり、“自分に好意を持っているに違いない”と勘違いをしてしまう痛客もいるらしい。  都内で働く彰吾さん(仮名・27歳)は、多くの顧客を持つ人気美容師。技術力の高さから、雑誌などでも取り上げられるなど、注目を集める人物だ。 ◆2週間に1回来店する女性客… 「僕はお客様との会話を大切にしながらカットしてい…

続きを読む

クレーマーComment (0)

納豆ご飯セット「生涯無料」が呼んだ悲劇 店と客の間に、いったい何があったのか

クラウドファンディングのお返しとして納豆ご飯専門店が配布した定食の「生涯無料パスポート」が、店舗利用時に一方的に没収されたとする口コミがインターネット上で拡散している。 説明を求める声があがったことを受け、店舗側は2020年5月23日、ツイッター上で釈明。無料パスについて「今までと変わらず通常通りご利用いただくことが可能です」というが、問題の口コミの内容については「事実確認は引き続き行っておりま…

続きを読む

クレーマーComment (0)

人気記事