なぜ私は「タクシーハラスメント」について声を上げているのか

 仕事で利用したタクシーの車内で「若い女がタクシー使うなんて、いいご身分だね」と言われた。こちらが指定したルートを無視してわざわざ遠回りされ、3倍近くの乗車料金を支払うよう要求された。「色っぽいね、このあと暇? ホテル行かない?」と執拗に迫られた。  耳を疑うようなこれらのエピソードは、先日『なぜタクシー運転手は女性にだけタメ口で態度が横柄なのか』という記事の公開後、数百件以上にわたって私の元…

続きを読む

人権問題Comment (0)

京都ALS嘱託殺人、これを「安楽死」と呼べるのか? 弁護士「責任厳しく問われる」

難病の筋萎縮性側索硬化症(ALS)を発症した女性に対する嘱託殺人容疑で医師2人が逮捕された事件が、連日報道されている。 逮捕された医師らは女性の主治医でなく、SNSを通じて女性から依頼を受け、金銭を受け取っていたようだ。2019年11月に女性の自宅を訪問。致死量の薬物を投与し、殺害した疑いがもたれている。 医師による「安楽死」をめぐる事件は過去にもたびたび発生しており、殺人罪などで刑事責任を…

続きを読む

人権問題Comment (0)

人種差別の無根拠を暴き、欺瞞に反対した史上最初の書

『レイシズム』(講談社) 著者:ルース・ベネディクト意識的な差別を拒絶した後に左利きのための鋏が発売されたのは、二十世紀も半ばのことであった。私の幼年期、親も学校も左利きの子を右利きに矯正する教育に励んでいた。私は眺めていただけだが、今の基準ではあれは無意識の差別だった。1940年、世界はきわめて意識的な差別感情に襲われ、差別をめぐる大戦の渦中に脅えていた。新しい差別の口実は「人種(レイス)」と…

続きを読む

人権問題Comment (0)

結論が先送りされる「安楽死」議論 臨床心理士も悩む「生きる」を前提にした支援への葛藤

 難病のALSを患う女性が殺害されたとされる嘱託殺人容疑で、医師2人が逮捕された事件。去年11月30日に自宅を訪問して殺害したと見られているのが、大久保諭一容疑者、山本直樹容疑者だ。亡くなった林優里さんは、大久保容疑者にSNSで依頼していたと見られ、山本容疑者には約130万円を振り込んでいた。 ▶【動画】嘱託殺人をきっかけに議論される「安楽死」  医師による同様の事件は過去にも起きている。1…

続きを読む

人権問題Comment (0)

「胸が大きいだけの萌えキャラ」がセクハラ認定された本当の理由

日本赤十字社が漫画『宇崎ちゃんは遊びたい!』を起用した2019年のポスターは、一部から「セクハラ」と批判され、第2弾では図案が大きく変更された。東京大学教授の瀬地山角氏は「性的なものが必ずしも女性蔑視になるわけではないが、PRする対象と場所によってはセクハラにもなり得る」と指摘する――。 ※本稿は、瀬地山角『炎上CMでよみとくジェンダー論』(光文社新書)の一部を再編集したものです。 ■見かけなく…

続きを読む

人権問題Comment (0)

「命を選別する価値観」にどうあらがう? やまゆり園事件「障害のある弟と重なった」 佐藤倫子弁護士の原点

7月26日、神奈川県相模原市の障害者施設「津久井やまゆり園」で入所者や職員ら45人が死傷した事件から4年を迎える。殺人などの罪に問われた植松聖死刑囚は今年3月、自分から控訴を取り下げて、死刑を確定させた。 しかし、この事件が投げかけた波紋は、今も人々に広がっている。それを見つめ続けているのが、香川県在住の佐藤倫子弁護士だ。2つ年下の弟、理一(まさかず)さんは、脳性まひとダウン症で、最重度の重複…

続きを読む

人権問題Comment (0)

性別が変わった私が体感した「女性を見下す視線」と「トランスジェンダーを審査する目」

「どちらまで?」「〇〇にある××というところまでお願いします」「あー、××ね。あそこきょう何かあるの?」「いや、単に仕事で」  出張で初めて訪れた土地でタクシーに乗り、運転手さんとこのような会話を交わしました。そこでふと、そういえば最近やけにタクシーの運転手さんからため口で馴れ馴れしく話しかけられる、と気づいたのでした。以前はそうでもなかったのに……。  そしてはっと思い至ったのです。「ああ…

続きを読む

人権問題Comment (0)

「トランスジェンダー役はトランスジェンダーが演じるべき」という考えに池澤春菜さんが「徹頭徹尾、反対」とツイート 「今まで演じてきた数々の不思議生き物どうするのさ⁉︎」

在米映画ジャーナリストの猿渡由紀氏が、Yahoo!ニュース個人に『トランスジェンダー役を、そうでない俳優が演じてはダメな理由』という記事を公開。スカーレット・ヨハンソンが実在のトランスジェンダー男性を題材にした『Rub and Tug』の主演に一度は決まったものの、LGBTQコミュニティから大きな批判を受けて降板した例などを挙げているほか、アニメで黒人やアジア系の声を白人の役者を演じることを否…

続きを読む

人権問題Comment (0)

警官に「紛らわしい風貌をしてるから」と止められ……黒人ハーフ作家が疑問に思う「日本人の幻想」

 2月の半ば頃からだったと思う。私が電車に乗ると今までマスクを付けていなかった人たちがジロジロとこちらを見てからマスクを取り出し装着するという場面がしばしばあった。  近所を散歩していても同様で遊歩道から公園に入り、ベンチに腰掛けるとそばで子供を遊ばせていた母親がチラチラとこちらを見てから何気ない素振りでその場を離れていった。ただ道行く私を訝し気に見て煙たそうな顔を向けてくる中高年の人も増えた…

続きを読む

人権問題Comment (0)

外国人の高い鼻、日本人のステレオタイプで人種差別と判明

このところ、海外では人種差別が加熱しております。コロナ禍ということもあり暴動が起きやすくなっているという点もありますが、米ミネアポリス市警の元警官のによる、フロイド氏問題等様々な問題から世界中に人種差別による問題が拡散しております。そんな中、日本人も例外ではなく、特にこちらの描写は気づかないのかもしれませんが、差別に当たるとされております。 外国人の象徴「高い鼻」は人種差別 2014年のこと…

続きを読む

人権問題Comment (0)

人気記事