心理学者が解説、なぜ職場で男が集まると人の悪口と噂話ばかりになるのか

とくにビジネスシーンにおいて、女性同士と比べて男性同士で人間関係を深めることは難しく、表面的な付き合いにしかならないことが多いのだそうです。それを克服するために男性たちがしているコミュニケーションとは――。 ■男性には“親友”が少ない傾向 男性と女性の人付き合いの違いを調べてみると、女性のほうが人付き合いはうまく、友情を感じやすいということがわかっています。これは、まあ、何となく想像ができます。…

続きを読む

心理Comment (0)

お気に入りのカメラを「恥ずかしい機種」と言われ……? 上から目線なアドバイスにモヤモヤ→プロの言葉にスッキリする漫画

 お気に入りの一眼レフカメラを「カメラ好きに見せると恥ずかしい入門機」と言われてしょんぼり――。モヤモヤする実話を漫画化したツイートが注目を集めています。カメラに限らず、無用の上から目線で物を言う人いますからね……。 【画像】漫画を全部読む  漫画家のカキさんが、取材用に買ったばかりのキヤノン「EOS Kiss」を持って出かけたときのこと。カメラに詳しい同行者が、「あー……キス買っちゃったか…

続きを読む

心理Comment (0)

自己統治能力が試される、あなたの非常識度がわかる3つの質問

「誰だって、自分の人生という物語の主人公なんだ」という不朽の名言(英文)がある一方で、redditで『Am I the Asshole?(英文)』というスレッドを作って盛り上がっている人の多くが、自分は密かに悪いことをしているのかもしれないと心配になっているはずです。このスレッドは、自分の問題行動を投稿して、それが正しい行いなのか非常識なのかをネット上の仲間に決めてもらう場所です。自動車事故の傍…

続きを読む

心理Comment (0)

ちょっと一休み。頭を柔らかくする2つの旅人クイズ

頭を柔らかくするクイズ/ Pixabay 8月もいよいよ終わり、暦の上では秋がやってくる。今年の夏はコロナの影響で自粛生活を強いられた人も多かったことだろう。  マスクを装着し、社会的距離を取るという感染予防はそのままに、頭を切り替えて新たなる季節を迎えよう。  ということで、ちょっと頭を柔らかくするためにクイズをやってみようじゃないか。あなたは旅人として、戦士と貴族だけが住む異世界へとやって…

続きを読む

心理Comment (0)

パチスロに1000万円使った40代男性「やめたいけど気付けばホールで打っています」

今回はギャンブラーたちの経験談をお届けする パチンコをはじめとするギャンブルにのめり込む人は少なくない。キャリコネニュース読者からは、 「使った総額は約500万円。パチンコが週5日、競馬が週1回のペースで続けている。結婚し子どもが産まれたらやめられると思っていた。しかしやめられない」(20代男性/サービス系/年収450万円) 「パチスロ歴29年。今までの総額はわからない。勝った時の嬉しさがあるか…

続きを読む

心理Comment (0)

昔のオタクは自虐する余裕を持っていた? 「自分は"社会のはみ出しもの"と感じているオタクが多かった」という声も

アニメキャラに”ケーキお供え”は過去の話? 世の中にはオタクが溢れている。だが、どんなジャンルのオタクも大抵どっかしら変な部分がある。それだけ見てくれがイケメンであっても、オタク趣味が昂じて暴走し過ぎれば、外からはやはり奇異に見えてしまう。 僕は怪獣オタクだけど、やっぱり俯瞰で自分を捉えても気持ちが悪い部分が多いと感じる。でも、かと言って別にどうということもない。何かしら変な面を持ってる人間なん…

続きを読む

心理Comment (0)

「体調不良で会社休むな」女性がほかの女性の「生理」に心底冷たいワケ

日本人女性の約7割は「生理前の心身の不調」に悩まされている。これは「PMS」や「PMDD」と呼ばれる病気だが、男性だけでなく女性でさえもどんなつらさがあるのか知らない人が少なくない。フリーライターの旦木瑞穂さんは「PMSやPMDDの当事者は、同じ女性に自分のつらさを理解してもらえず、悩んでいる」という——。 ■日本人女性の約74%が「生理前のしんどさ」に苦しんでいる 東京大学医学部付属病院の医師…

続きを読む

心理Comment (0)

「SNSでの誹謗中傷、罰則を強化するべき」8割以上が回答 実際に被害を受けた人は2割弱

誹謗中傷を受けた経験ありますか? ビッグローブは8月26日、「withコロナ時代のストレス」に関する調査結果を発表した。調査は8月上旬にネット上で実施し、20~60代の有職者1000人から回答を得た。 SNSを利用している人のうち「SNSで他者から誹謗中傷されたことがある」(17.5%)と答えた人は2割弱にのぼった。年代別にみると、最多は「20代」(28.9%)。次いで「40代」(19.0%)、…

続きを読む

心理Comment (0)

あおり運転しか生きがいがない56歳男性の怒りのトリガー

東京都に住む配達ドライバーの林弘重さん(仮名・56歳)は、あおり運転をやめられない。ここ5年間で4度の接触事故を起こし、スピード違反で8万円の罰金を払ったばかりだ。なぜ危険運転を繰り返すのか。週刊SPA!取材班が、林さんに聞いた——。 ※本稿は、吉川ばんび、週刊SPA!取材班『年収100万円で生きる-格差都市・東京の肉声-』(扶桑社新書)の一部を再編集したものです。 ■「わかってないやつのせいで…

続きを読む

心理Comment (0)

ホテルののぞき穴で外を見たら「ヒィッ…」 ある女性の体験談に恐怖

『ホテルで連絡先を渡され戦慄し数日間苦しんだ話』そんなコメントとともに、Twitter上に投稿された漫画が反響を呼んでいます。見ず知らずの男性が連絡先を渡してきて、その後…?1人でホテルにチェックインした投稿者さんは、部屋がある階のエレベーターで降りようとした時、同じ階のほかの宿泊客とすれ違います。しかし、なぜか宿泊客はエレベーターに乗らず、そのまま部屋に引き返してきたのでした。投稿者の向かいの…

続きを読む

心理Comment (0)

人気記事