コロナで凶暴化する“世間”。感染者への攻撃は、なぜ起こるのか?/鴻上尚史

―[連載「ドン・キホーテのピアス」<文/鴻上尚史>]― ◆凶暴化する“世間” 感染者への攻撃は、なぜ起こるのか?  8月19日に新刊がでます。『同調圧力 日本社会はなぜ息苦しいのか』(講談社現代新書)です。 「日本世間学会」の代表である九州工業大学の名誉教授の佐藤直樹さんと対談しました。  コロナによって、僕がずっと追求している「世間」や「同調圧力」が凶暴化していると感じ、緊急対談を…

続きを読む

心理Comment (0)

なぜ、頭がよく、金持ちで、ルックスのいい人ほど「バカ」になりやすいのか

なぜこの地上はバカな人間だらけなのか。バカはなぜバカなのか。バカを治す方法はあるのか。フランスの心理学者が、アメリカの哲学者に「バカの学問的な傾向と対策」を聞いた――。 ※本稿はジャン=フランソワ・マルミオン編、田中裕子訳『「バカ」の研究』(亜紀書房)の一部を抜粋・編集したものです。 ■バカの条件=「自分は特権を与えられるべき人間だ」 ——あなたの理論によると、バカとはどういう人を指すのでしょう…

続きを読む

心理Comment (0)

なぜタクシー運転手は女性にだけタメ口で態度が横柄なのか――2020上半期BEST5

2020年上半期(1月~6月)、文春オンラインで反響の大きかった記事ベスト5を発表します。ライフ部門の第4位は、こちら!(初公開日 2020年6月23日)。 *  *  * 「もうここでいいですか、はい、降りてください」  さっきまで大通りを走っていたはずの白髪混じりの男性ドライバーが、脇道に入って数分のところで突然車を停めてしまいました。仕事で終電を逃した私が一人でこのタクシーに乗り込…

続きを読む

心理Comment (0)

心理学者が解説「なぜ世間には『バカ』がこれほどまでに多いのか」

なんでこんなにバカが多いのか。日々のニュースを見て、そう思う人もいるだろう。フランスの心理学者セルジュ・シコッティは、「世の中にバカが存在することは事実だが、わたしたちの心にも『ネガティビティ・バイアス』という、他者のネガティブなところばかりが目についてしまう偏りがある」と指摘する――。 ※本稿はジャン=フランソワ・マルミオン編、田中裕子訳『「バカ」の研究』(亜紀書房)の一部を抜粋・編集したもの…

続きを読む

心理Comment (0)

社会人野球マネージャーの女性「マネ=男好きと思いますか?」 「下心ありそう」「他人の言うことは気にしないで」と意見割れる

マネージャーは男好き? 男性に露骨なアプローチをする女性に対し、同性である女性陣は厳しい視線を向けることがある。ガールズちゃんねるに8月2日、「【相談】男子部のマネージャーは男好きだと思いますか?」というトピックが立った。 「野球を近くで見たい」「応援したい」という気持ちから社会人野球のマネージャーをしているトピ主。先日、同じ会社の女性から「男の部活のマネージャーをするなんて絶対男目当てだよね。…

続きを読む

心理Comment (0)

意識高い系が使いがち、イラッとするカタカナ語録、わかりみが深いと話題に

image:秒刊SUNDAY 現在、働き方もさまざまな多様化が進んでいますが、それに伴いビジネス用語も広がりを見せています。コロナの影響で出社しない働き方が注目されるようになりましたが、それまで「テレワーク」「リモートワーク」という言葉を知らなかった人も少なくはないようです。ただ、さまざまな場面で多用されるカタカナ言葉がイラッとすると感じる人も多いようで、それに関連する話題がネット上で注目されて…

続きを読む

心理Comment (0)

先に乗ったのはこっちなのに... エレベーターを降りる順番にモヤモヤした経験、ありますか?

「(どうして私が先に乗ったのに、後から乗った人が先に受付してるの...)」こんな思いを抱いたのは、居酒屋が入ったビルのエレベーターから降りる瞬間のことであった。8階だっただろうか。友人と居酒屋を目指してエレベーターに乗車。すると別のグループもぞろぞろと乗り込んできた。どうやら目的の階数は一緒のようだ。「ピーンッ」という到着音と共にドアが開いて、目の前に居酒屋の受付が見えた。だが先に降りた別グルー…

続きを読む

心理Comment (0)

なぜ人の悪口を言う人は、死亡リスクが高いのか

性格や夫婦関係、生き方はやっぱり寿命を左右する――。悲観的に生きる人は、長生きできない。大規模調査が、それを証明している。ストレスと病気の関係、最新の研究結果を報告する。 ■楽観的な見方、悲観的な見方と寿命 「病は気から」といわれるように「こころ」と「からだ」は密接に関連し合っている。たとえば、楽観的か悲観的かといったものの考え方、人生に目的を感じているかどうか、このようなことでも体の健康に大き…

続きを読む

心理Comment (0)

なぜ人は「偽善」を忌み嫌うのか?

 そのグループの人たちは、善意に満ちていて、みんないい人、善男善女。皆さんそこで居心地がよさそうなのだが、自分は気持ちが悪くて仕方なかった、と話す人がいた。「いや、人間ってそうじゃないだろう」という違和感が拭えなかったそうだ。JBpressですべての写真や図表を見る  私も似たような覚えがある。みなさん善人なのに、何かがウソ臭い。何だろうこの違和感。以前、ボランティアをする人の中には、自己陶…

続きを読む

心理Comment (0)

毒舌キャラは異性として対象外? 「鋭い意見言う芸能人とは違う」の声も

(liza5450/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)毒舌をウリに活躍し、売れっ子タレントとなった人物は多い。そのはっきりとした物言いに、気分の良さを感じるのだろう。しかし実際に交際するとなると、自分に激しい言葉を浴びせてくることもあるだけに、話は別。「恋愛対象にならない」という人も多いのでは。画像をもっと見る■毒舌な異性をどう思う?しらべぇ編集部が全国の10…

続きを読む

心理Comment (0)

人気記事