全人類の90%以上が誤解? 意外と知られていない“はんだ付けで金属がくっつく理由”


 電子部品などを接合する際に行われる、はんだ付け。学校の授業で経験がある人も多いはずですが、日本はんだ付け協会理事長によると、「全人類の90%以上」がはんだ付けで金属がくっつく理由を誤解しているのだとか。

【画像で見る】はんだ付けで形成される合金層

 基板に電子部品のリード線を差し込み、そこを高温の「はんだごて」で加熱。針金のような形状をした「はんだ」を押しつけて融かし、良いタイミングではんだ、はんだごてを離す――ざっくり言うと、はんだ付けの手順はこんな感じ。では、この作業をすると、どうして接合できるのでしょうか。

 日本はんだ付け協会理事長によると、この原理は「はんだが持つ“すず”の原子と、基板やリード線の銅原子が互いに拡散することで、合金層が形成される」というもの。「融かして固めたはんだでくっつく」のではなく、「融かして固めたはんだと、基板などのあいだにできる合金でくっつく」というわけです。このため、はんだをたくさん盛っても接合強度は強くならないといいます。

 こういったことを知らない人が、本当に人類の90%以上……かどうかは定かではありませんが、Twitter上では「知らなかった」「原理までは習ってなかった」といった声が続出。かなりの人が理解していない話というのは、間違いなさそうです。

 ちなみに、接合強度がもっとも強くなるのは、形成される合金層が1~3マイクロメートルのときで、このためには熱が不足しても、加熱し過ぎてもいけないのだとか。基本的なやり方は中学校などでも教わりますが、突き詰めるとなかなか奥の深い世界のようです。

画像提供:はんだ付け職人さん

やり方くらいは学校で習ったような……。


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

先に基盤を熱してから付ける部品を熱してハンダを入れる。電子部品屋なら常識。ハンダだけを熱しても各部品・基盤の保護膜があるから付かない。熱で保護膜を焼ききってからでないと電気も通らない。


これは「はんだ付けをする機会がある程度ある人」のみにアンケートを取らないと意味がないとおもう。 焼付塗装はどんなことやってる?だとか、人工大理石はどうやって作る?だとか、しっかりとした正解を答えられる人の少ない「一部の人には当たり前のこと」に分類されるもの。


ハンダ付けは一応その仮定を目で見て取るのが容易だし中学校とか高校で機会もある筈(ゆとりの俺はあった)から焼付塗装とか人工大理石の製造と一緒にするのはどうかと 


どうでもいいです


RoHS指令とかで融点温度が高くなって流れなくなった使い物にならないハンダになった怨み忘れねぇぞ


最近の半田は難しすぎる。パーツが小さくなりすぎて、1mmの間に3本線があって、くっつかないように半田しろとか、こんなん素人には無理


知ってるけど、多分知らなくてもいい知識。


90%以上が誤解ってか10%未満の人にしか必要ない知識やな


ハンダ付けという作業自体は2,3回やったことあるけどまったく知らなかったなぁ。疑問にも思わなかった。


酸化被膜でくっつくんじゃないの?顕微鏡の拡大画像でそうだと思ったんだが・・・。まぁ合金って酸化被膜のことだよな?最近も青色LEDの接合で使ったわ。銅線をハンダで「からげ」て無理矢理連続させて。ハンダの接着の理想は富士山型の山形になること。つまりハンダの量は少し少ないぐらいでちょうどいい。よく「もっこり」しちゃうのはハンダの量が多いのとフラックスが揮発したから


電化製品が壊れても、ハンダ付けしてまで直すより買った方が安上がり、って時代になって久しい*… でもあの、機械を前に集中する様子、立ち上る煙。ハンダ付けを終えて海綿で「ジュッ ジュッ」ってコテ先をきれいにする様とか、けっこう好きなんだよね…「機械作ってます」って感じがして子ども心にカッコイイと思ってた


充分に半田付けしてから、余計な部分を吸い取るんですよ>しゃとんさん 半田吸取り線(銅の網線)が吸い取って、配線の間は半田を弾くから接合できる。


ハンダを上手くつけるのは、基盤をある程度熱してからハンダを「流し込む」ようにしてやるとうまくいく。基盤とかを熱しすぎるとパーツが熱損したりするから、長く熱しすぎるのも禁物。。うーん、基盤を熱しながらハンダごてと基盤の間にハンダを差し込むように溶*。って言った方がいいかもしれん。で最近の基盤はまぁビデオカード復活なんてやる人はいないだろうけど出来ない事もない


一般には未知のこと。でも業界では当たり前のこと。この世はたくさんの専門世界でできてるんやね。


昔はハードオフでハンダ付けが甘くてジャックやアースから外れかけた楽器が音出ませんジャンクで安く買えたな。


ま、まあ構造や原理知らなくてもスマホ使えるのと一緒!、うんw


模型で真鍮線を半田付けするけど、あれも銅の成分が作用してるのか。では素材によってはそれこそ単に固まった半田が絡まってるだけ、という状態なのかな


ハンダ付け程度でマウントする奴らも珍しいな。年寄りの俺が小学生の頃は「楽しい電子工作」とかいうシリーズがあって、ハンダこてでAMラジオを組み立てたりしたので特別どうという気はしない。


知らんかった、中学の理科かなんかで触って以来だしな。


これさえ知ってれば無人島で電化製品が壊れてもはんだで直るんだな!いいこと聞いた!


出典:NHK(日本はんだ付け協会)


はんだ付けの授業あったけど、金属が液体になって「ふおおっ!!」ってテンション上がったことしか覚えてないわ


>>はんだをたくさん盛っても、それ重要!!俺も9割の方だったわ。


電子系しか解らんけど。半田付けは「毛細管現象」によって部材と母材(パッド・スルーホール)に良い状態の半田を流し込む意識がないと上手くならんのや。「盛り付ける」と勘違いしてたらダメや。熱を加え過ぎると半田の形成状態悪くなって脆くなるから長期間を過ぎてくると電気的接続も悪くなって半田不良になるんや。溶融温度が高いは鉛フリー半田は素人は使わん方がええで


日本はんだ付け協会が華麗にスルーされてるけど、そっちのほうに驚いてた自分が切ない


ヤニというか樹脂が無いとうまくつかないのがなぜなのか、その辺も~


メッキが「日本語」だということも知らんヤツも居るわけで・・・。


たくさん盛っても接合強度が変わらないのは知らなかった。そんなに溶かさなくていいって何度も言われた子供の頃のはんだ付けイベントでの謎が解けた。


チップLEDを空中配線でもはんだ付けできるくらいの腕にはなりたい


なんの根拠もなく「全人類の90%以上ガー」とか、毎日日常的にそうやってソースなしの記事かいてて感覚マヒしてるのが透けてみえてる


全人類の90%が知らないことなんか、山程知ってるけど? ていうかそこそこ専門知識なら大半がそうだよw


マウンティングがーとか書いてる人いるけど、多分誰もそんな気一切ないと思うよ。豆知識という記事にすればいいものを余計な事を書くから抉れる。全人類とかいう大げさな単語を使うあたりが本当に呆れる。はやくNG機能つけてほしい。


全人類の99%以上がこの記事を読んでいない?


日本はんだ付け協会があるのか


『鉄道模型趣味』(←こういうタイトルの雑誌)でも時々ハンダ加工の豆知識載っていた「ハンダは柔らかいのに接続が強いのはお互いの隙間を埋めるから、だから波打つような曲がった金属板は平面同士でもよくつかないが、まっすぐなら厚み面を平面に直角に立ててもよくつく。」とか。


松やにの粘着力で付くのかと思ってた…


全人類の90%以上にとってはハンダ付けの原理なんてどうでもいいことなんですよ


年収とか既婚歴とかの条件が一致したから付くのさ・・・柔軟な発想で相手の形に合わせてくれるハンダ先輩・・・うふふ、何かの扉が開きそうだ


要は「溶接」なんだろ?ん?違う?


コメントでなんでもマウントと騒ぐ奴いるねぇ。そんな事を気にしているのはマウントを取りたい人だけで、さらにとれないから騒いでるとしか取られないよ?


高校でハンダ使って、手に落としたときのあの地獄…


こんなこと言い出したら車のブレーキがどう作動するのか、アクセル踏むと何で加速するかまで知ってなくちゃいけなくなるじゃんw


はんだの量を盛って付けても根本的な強度の増量にならないってだけで読む価値があったと思う記事


ハンダ付けを知ってる人が全人類の90%もいないだろ


知りたくなかったな・・・。もうはんだで興奮しなくなったわ


中学校でやったけど、ここまでは知らなかった。なんで教えないんだろうな?


原理あんま関係ないような・・・。はんだだろと糊や接着剤だろうと量を使ったからって強度が増さなくなるのは当たり前だと思うんだが


一方俺は、熔かしたハンダを水を張ったタライに落として遊んでいた


ついでに、はんだクラック・鉛入りと鉛フリーのハンダの違いと使用上の注意・板金ハンダと電子機器ハンダの違い・フラックス(ヤニ)の種類と注意・も書けばいいのに。


記事内容はそのとおりである 半田の場合融解し半田付けの部分の表面上の合金させるだけのものであるために半田の量は盛りすぎても意味はなさない 適量適切さは重要である 


ヘッドホンのプラグ付け替えようかと思ってたから勉強になった(コメント欄が


半田は 溶接に似ている それ向けた 第一歩である


全人類の中で半田付けをしたことの無い人、する予定も無い人、半田付けが何であるか知らない人が何%いる?


はんだより充電の仕組みとかの方がより身近でいいと思う


半田付けしたこと無い人が通りますよっと。半田自体に強度は無いのに何でかなーと思ってたけどそういうことだったのか。


はんだ付けって溶接と同じなんだよな


仕事ではんだごては使うけど、はんだ付けするために使ってないからなー


10数人に一人は半田ガチ勢…結構人口多いな。この数の人たちが腕を振るっているから豊かな生活がおくれると思うと感慨深い…


正直、小物工作か電気系の修理とかの工学関係者以外にはものっそいトリビアのような。


人類の95%がはんだごて自体知らないでしょ


何の根拠もなく人類の90%以上~ってタイトル付けんな。はんだ付けの仕組みなんかより90%の数値を導き出すことのほうが困難だからこの記事見たってのに。


知らなかった、固まったはんだでくっ付くものとばかり・・・。日本はモノ作りの国らしいが普通の人はモノの作り方なんか知らないものなのだ。


仕事で半田付けをする人ですら知らなくてもよいレベルの話


半田付け楽しい


おとんが電話関係のエンジニアだったから「少ない量のハンダでくっつけるほうがエライ」ということは聞き覚えていた


最近は半田なしで電子工作できるしバリバリ半田使う人ってかなり少数かもよまあ好きな人は無茶苦茶ハマるが


全人類だと99%ぐらい知らんだろう


SOICをはんだ付けするとフラックスの重要性が分かる。


温度管理付きのコテを使うととても楽。


統計データってのは底辺の底辺まで含めないと意味がない。「これ以下のやつは除外」とかやってたらいくらでも都合よくデータを捏造できる。


全人類の30%ぐらいは、はんだ付けそのものを知らないんじゃないかと思う。


多分アロンアルファがくっつく理由のほうが誤解してる率高いと思う あれは乾いたらくっつくのではなく空気中の水分で濡れるとくっつく


これはジェネレーションギャップかな。はんだは身近でなくなって久しい


全人類の90%以上がこんな情報興味ない


そりゃその物事の結果がどうなるかは知ってても理由は知らないって事は幾らでもあるだろ、溶接の原理、空が青い理由、リンゴが落ちる理由、人体がどうやって動いているのか、とか


「基本的なやり方は中学校などでも教わりますが」この記事で一番驚いた(他はどうでもいい)。学校ではんだ付けなんて教えてもらってねーよ。ふ、フツーの学校だと教えてくれるの?趣味で必要だから覚えたんだけど。


人生において、常習的にはんだ付けをするのは10%未満だろうからまあ当然だ。しかも常習的にやってても知ってると言い切れるものではない


>kajibano 今は普通に技術の授業でやるよ と言っても20年ぐらい前の自分の時でもやってたからもしかしたら間のゆとり教育時代はやってなかったのかも


俺がはんだ付けを習ったのは中学の技術の時間だったが、たしかあの頃は原子が云々ってのは理科の授業でも習ってなかった気がするな。それを技術の時間で習うのも不自然といえば不自然だから、まあやり方だけ教える、ってのはおかしくはないとは思うが。


糊やボンドが付く理由もおしえて


いちいち小さいことで記事書くなゴミ


合金はnmオーダーでも作れますので。3000nmとか厚いわ。


1980年代はPCの自作も完全に電子「工作」の世界で、マザボに自分ではんだで配線するという話を聞いたことがある。自分で言ってて嘘くさく思えるからいくらか誤解があるとは思うが、親世代の頃にはこういうオモチャはそこらにあったんだろうな


半導体関わった人なら常識じゃないんかい?金属なら何でも電気を通すと思ったら大違いよ


「誤解」という表現でいいのかな? そもそも習ったことも考えたことも無いことを突然質問して、専門家のトップの回答と比較して、相違があれば「誤解」。それなら私は世界の100%を誤解している自信がありますね。その専門家もそうなのでは?


知ってた。


みんな学校ではんだ付けやってるんだな。ぎりぎりゆとり世代ではなかったけど、もっと学校で色々やってくれてたら、授業も面白かったのに。


はんだ付け自体は漫画で読んで知っていたけど、学校で習ったりしたかな?そういえば理科の教科書の隅っこにちらっと書いてたような書いてなかったような…たぶん世代間の学習内容の違いなんだろうと思うけれど


中学の授業でラジオ作って、余ったハンダでメタルスライムとかはぐれメタル作ったわw記事は興味ないが全人類とはスケールがで*ぎ


中学校ではんだ付けやったな・・・対面の女子にはんだごてでジャージの上溶かされたのもいい思い出だ


日本はんだ付け協会なんてものが存在していたことにこそ驚く


知らんかった…。


へーたまに自分でゲームコントローラーとかハンダ付けするけど知らんかったわ


ラインでも中間点にチェックする場所があったのも今は昔、検品段階でずれがあっても個別に修正する事もほとんどない。製造業にいても知らない人も多いのではないかと。


>>はんだをたくさん盛っても  ち、違うんです。そういう理由で盛ってた訳ではなくて…狙った場所に付かないんです…


画像提供:はんだ付け職人さん >いらすとやさんじゃないのか?


プラモ作る時に接着剤使うのと同じ原理やね。あれもプラスチックを溶かして溶接して部品同士の隙間を埋める。


そもそも全人類の4割くらいははんだなんてものを知らないと思う


↑流石に今の人類の4割がはんだ付けっつうかロウ付け溶接知らないってのはねえわ。それは電子部品つうかスマホも携帯もパソコンもテレビもラジオも時計も知らねえって言うのならわかるが。つか、電気の存在以前に、銅のヤカンとか鍋を作る上でもハンダ(の前型)って中世から有るんだが。


今の製品基板は表面実装前提のチップ部品が多いから、ノートパソコン・スマホ等の基板は手で半田をするのは素人にはかなり難しいんやないかな・・その辺で手付できるのは職人の領域や。QFP、BGAタイプは道具・設備・技術がそれなりにないと外せんし、余計な部品を外してしまった時にチップ部品の知識がないとコンデンサとインダクタ、抵抗の見分けすらつかんと思うで




"全人類の90%以上が誤解? 意外と知られていない“はんだ付けで金属がくっつく理由”"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:

人気記事