【話題】巨大なカマキリが人を乗せてワシワシ歩く。世界最大の乗用六脚ロボット「マンティス」がギネス記録


top

 かつてフィクションキャラだったロボットが、徐々にリアルな形で世に現れる昨今、ギネス記録に認定された巨大多脚ロボットが脚光を浴びている。

 このたびギネス世界記録2019に名を連ねたのは、マンティスという名の大きなロボットだ。カマキリを意味する名のこの機体は6本足で人を乗せて歩行できる。

 全長5m、高さ2.8mを誇るマンティスの重量はおよそ2t。合計18か所もの関節を備えており、直接操縦のほか遠隔操縦でも作動する。

 映画スターウォーズロボットにあこがれ、制作スタッフとしても活躍したアニマトロニクスの専門家が手がけた巨大ロボットマンティスにズームインだ。

―あわせて読みたい―

トーマスとタチコマが完全合体!殺戮マシーンと化した「多脚機関戦車トーマス」から目が離せない!
3Dプリンターで製作したクモそっくりの六本脚のロボットの動きがセクシー・スパイダー。
「さ、光合成しにいくよ!」頭に乗せた植物を日光浴させたり、水やりのタイミングを動きで知らせる植物育成ロボット
デススターってこんなに小さかったの!?スターウォーズの世界を地球上の現実世界に持ち込んでみた面白比較映像
節足動物の動き!椅子についた金属製の脚がワサワサ動く、ディーゼルパンクな電動多脚椅子

Matt Denton: Largest rideable hexapod - Meet The Record Breakers

スターウォーズに携わったアニマトロニクスアーティスト

 世界記録に名を残す巨大な6本足ロボ、マンティスを制作したのは、イギリス出身のアニマトロニクスアーティストマットデントンさん。

スクリーンショット-(1330)

 彼は、少年時代に観た映画スターウォーズに魅了されロボット工学を専攻。

 その後、長年の夢だったスターウォーズの技術スタッフに選ばれたのをきっかけに、かねてから続けていた巨大歩行マシンの制作に本腰を入れた。

3年かけて巨大なマンティスを制作

 6本足ロボットに着手したのは2009年から。直径50cmの小型モデルから、現在の重量にスケールアップした。

 当時は200tバージョンを目指していたがわずか2tのマンティス制作だけでも3年かかり、現実の壁に直面したという。

2012年に初めて屋外で行ったテスト歩行の様子
Raw footage of the Mantis Walking Machine tests 05.2012

 マンティスは現在も継続的なアップグレードを重ねているが、このほど世界最大の乗用六脚ロボットとしてギネスに登録されたのは2代目のMKⅡだ。

 彼によると、初代のMKⅠには油圧システムに問題があり動作がいまいちだったため、システムを一から把握して作り直さなければならなかったそうだ。

全長5m高さ2.8mで遠隔操作も可能

 MKⅡは全長5m、高さ2.8mで重量は1.9t。2.2Lのターボディーゼルエンジンで駆動し、最高速度は時速1kmとなっている。


 なんでそんなに遅いの?言われがちなマンティスだが、以下のタイムラプスのように動かすには平均200kWもの電力が必要になる。

 また必要な油圧の流量をカバーするには、今の油圧タンクの容量を40倍以上にしなくてはならないため、現状でスピードアップは厳しいようだ。


 頭脳にあたるのは Linux PC。操作は2つの3軸ジョイスティックと28個のボタンで、18もの関節を動かす。

スクリーンショット-(1333)

 なお運転はコックピットからの操縦だけでなくwi-fi遠隔操作も可能。この巨体が遠隔で動く様子もかなりの見ものではなかろうか。

7歳の時に観たAT-ATがアイデアの源に

 「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」で技術スタッフに採用され、メインキャラロボットBB-8制作に関する賞も受賞。高い評価を受けたことを誇りにしているマットさん。

スクリーンショット-(1336)

 今回はこのギネス認定で、試行錯誤の連続だったマンティスが数々の世界記録に名を連ねたことに感激している。

カップを使った脚のテスト


 マンティスの改良を続ける彼にインスピレーションを与えたのは、かつて映画館で観た「スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲」のロボットだった。

スクリーンショット-(1335)

 当時7歳だったマットさんは、4本足でゆっくり歩く巨大なAT-ATに衝撃を受け、この道をめざすようになったのだ。

最近は彼の甥っ子までマンティスの操縦をマスター


 かつての少年のあこがれから誕生した、世界に名だたるロボットマンティス。夢を形にするマットさんの創造はこれらも続いていく。

References:laughingsquidなど /written by D/ edited by parumo

全文をカラパイアで読む:
http://karapaia.com/archives/52287218.html
 

こちらもオススメ!

サブカル・アートについての記事―

すごくやわらかそうに見えても実は激固。大理石で作られた枕
羊が人化?「ヘントの祭壇画」の修復で聖なる羊がヒューマノイド・シープに変貌(ベルギー)
山手線29の駅、すべての駅名標が忠実にデザインされたカップホルダー型駅名トートバッグが販売中
やだこれ欲しい。実物大のエイリアン・クイーンとリプリーのバトルシーンがオブジェに
バナナはおやつじゃない、体の一部である。できるサイクリストの為の「バナナホルダー」

―動画の紹介記事―

これは危険!着陸を試みる旅客機にレーザーポインターを当てた男が逮捕される(アメリカ)
猫だって子育てするなら立派な家の方がいい。子猫を新居に運ぶお母さん
立派なツノが3本も!ウガンダの牧場にいる3本角の牛
片手で2羽のオカメインコを愛でるには?「両手に花」ならぬ「両指に鳥」の極上あったかタイムをどうぞ
タンブルウィードを撮影していた男性、タンブルウィードに襲われる事案が発生(アメリカ)
巨大なカマキリが人を乗せてワシワシ歩く。世界最大の乗用六脚ロボット「マンティス」がギネス記録


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

とってもグラディウス


これはいいなぁ。ただ、見た目的にマンティスではなくスパイダー感。まぁそれだと足の数足らんけどw


マンティスよりもスパイダーだよなって書こうとしたらもう書いてあったw もうちょっと早く歩けるようになるといいな


どうがんばって見ても、蜘蛛にしか……


「キマワリ」って昆虫がいましてね・・・でも動き見るとザトウムシの方が近い?


ダグラムのクラブガンナーが近いかな。砲塔ないけど。


メタルギアエクセルサスくんやんけ!あるいはFFのオメガ


なんか 蜘蛛っぽい 格好いいな


カマキリと呼ぶには移動以外に使うアームが最低でも2本必要


これが後の重装自走ビークルになるのか…


うん、前2本がマニピュレーターで残り4本が移動の脚ならマンティスだった。まぁ、その時はその時で丸っこいボディが災いして今度はクモじゃなくて「カニ」って呼ばれそうだけど。


これから鎌を付けるんやろ?←期待の眼差し


フィンランドで20年くらい前に作ってた六足歩行重機にそっくりじゃんhttp://blog.slndesignstudio.com/archives/2003/10/walking_forest_machine.html


6本脚ならデザートガンナーやな


んでコレを何に使うんだよ?


脳内BGM:The Last Enemy(グラⅡ・クラブのテーマ)


鎌が無いようだが?


ワイルド×2 ウエスト


個人的にはもっと軽快にげしょげしょ走ってくれるとあさりよしとおっぽくて好き


デプス・クロウラー


これはクラタスと戦えそうだ


カマキリの歩脚は2対だから鎌足してもカマキリにはならないんだよなあ


軍事転用だけはやめてくれ


クモやん?


瓦礫の山だと動きにくいからって多脚も研究されてるんだっけ


格好良いけどカマキリか…?


ACの脚パーツ


どこかの*建機かと思ったらロマンティックマシーンかよ。最高か。


ドリルもつけろ


個人的には「フリーダムウォーズ」の「パラドクサ(蜘蛛を模したメカ)」に見えます。


誰かクラタススターターキット送って差し上げろ


昆虫キモス!


思った以上にカサカサ動いててびっくりした。ロマンはありそうだけど工業用や軍用とかは当分無理そうだけど、レジャー用に遊園地に配属とかはありそう。


カマキリどこ...?ここ...?


二足歩行の巨大ロボットが非現実的だとよくわかる、やっぱりATATとかが精一杯だよなあ


多脚戦車は男の浪漫




"【話題】巨大なカマキリが人を乗せてワシワシ歩く。世界最大の乗用六脚ロボット「マンティス」がギネス記録"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:

人気記事