新着動画 クルマの自動ブレーキ装着義務化で、交通事故はどのぐらい減るのか?


―[道路交通ジャーナリスト清水草一]―


 2019年暮れ、国交省は、2021年11月以降に発売される新型の国産車に関して、いわゆる自動ブレーキ(衝突被害軽減ブレーキ)の装着を義務化することを発表した。つまり、来年11月以降に登場する新型の乗用車には、全車、自動ブレーキが付くことになる。

 現時点でも自動ブレーキ装着率は非常に高い。新規に生産・登録されたクルマのうち、17年は73.6%、18年は84.6%に取り付けられていた。昨年は90%を超えたかもしれない。つまり、いまから義務化してもそれほど大きな効果はないと言えなくもないが、義務化してしまえば、すべてのクルマが代替えされた時、装着率100%が達成される。

 日本における自動車の平均使用年数は約14年。義務化の14年後には、走っているクルマの9割以上に自動ブレーキが装着されていることになるだろう。

 なお、来年から装着が義務化されるのは、あくまで国産の新型車(ニューモデル)だけ。継続生産車の義務化は2025年12月からだ。輸入車については、新型車への義務化が2024年6月から、同継続生産車は2026年6月からとされている。それ以前に生産されたクルマについては、装着の義務化はない。つまり古いクルマはそのまま乗り続けていいので、旧車ファンご安心ください。

◆自動ブレーキの義務化で何%交通事故は減少する?

 自動ブレーキの義務化によって、交通事故は必ず減少する。それは間違いないが、いったいどれくらい減少するのだろう?

来年から義務化されるのは、

・時速40kmで走行中、前方の停止車両に衝突せず止まる
・時速60kmで走行中、前を時速20kmで走る車に衝突しない
・時速30kmで走行中、時速5kmで横断する歩行者に衝突せず停止する


といった性能。現在販売されている自動ブレーキの大半はこれ以上の性能を謳っていて、自動ブレーキとしてはいわゆる「第2世代」に当たる。つまり、現状の第2世代自動ブレーキでどれくらい事故が減っているかを見れば、将来の事故減少率が予測できる。

 自動ブレーキで防げる可能性がある事故は、クルマ同士ならほぼ追突に限られる。たとえば隣の車線のクルマとの事故を防ぐ機能は、また別のシステムになる。前方への衝突でも、正面衝突や右直事故は、相対速度が高すぎるといった理由で、現在の自動ブレーキでは防止が困難だ。

 一方、対歩行者の事故に関しては、歩行者の速度が遅いため、基本的には「自動ブレーキによって抑止できる可能性がある」と言える。

 これら、自動ブレーキで防げるかもしれない事故の割合は、公益財団法人交通事故総合分析センターの分析によると、死傷事故で47%(追突37%、対歩行者10%)となっている。逆に言うと、53%の事故は防ぐのが難しい。

 で、第2世代自動ブレーキ装着車でどれくらい事故が減っているかというと、保有10万台あたりの死傷事故率で比較すると、追突で62.9%減。対歩行者はぐっと落ちて19.3%減となっている。歩行者の検知はクルマよりずっと困難だし、物陰からの急な飛び出しなど、物理的に事前の検知が不可能な場合もある。

 ここから導き出される減少予想率は、約25%となる。

「そんなもんなの!?」そう思う人も少なくないだろう。

 国際欧州経済委員会の発表では、自動ブレーキによって「低速走行時の衝突事故」を38%減少させられると試算しているので、やっぱりそんなもんなのだろう。そんなもんではあるが、死傷事故を3割減らすことができれば大変な効果だ。今後の性能向上にも大いに期待できる。

◆完全自動運転の実現よりも現実的な「ほぼぶつからないクルマ

 個人的には、高齢化社会における地方の移動の足を確保のために有効なのは、完全自動運転ではなく「ほぼぶつからないクルマ」だと考えている。多くの高齢者が、最先端装備である完全自動運転を使いこなせるとは思えない。高齢者にスマホを完璧に使いこなせと言うようなものだ。

 それ以前に、出発地から目的地までドライバーが何もしなくてもいい完全自動運転の実現は、技術的なハードルが猛烈に高い。クルマ歩行者自転車が混在する生活道路で完全自動運転を実現するのは、コストとの兼ね合いもあって、20年以内には不可能だろう。

 一方、事故を8割程度減らせる「ほぼぶつからないクルマ」なら、そう遠くない将来実現できるはず。ぶつかりそうになった時だけ自動的に助けてくれる装置なら、誰にとっても絶対的に役に立つ。

 完全自動運転は、まず大型トラックやバスによる決まった経路の輸送に限定して実現し、すべての道路で可能になるのは、たぶん遠い遠い将来になる。完全自動運転も夢としては重要だが、とりあえずは官民を挙げて、「ほぼぶつからないクルマ」の実現と義務化を目指していただきたい。

【清水草一】
1962年東京生まれ。慶大法卒。編集者を経てフリーライター。『そのフェラーリください!!』をはじめとするお笑いフェラーリ文学のほか、『首都高速の謎』『高速道路の謎』などの著作で道路交通ジャーナリストとしても活動中。清水草一.com

―[道路交通ジャーナリスト清水草一]―


自動ブレーキが義務化されれば、クルマ同士の追突事故は減少すると予想されるが……


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

事故自体の減少も大事だけど事故の程度の軽減という意味でも十分意味あるね(・ω・)わしの車は着いてねーけどな!(25年物


自動ブレーキが必要なやつは車に乗るな


車に乗ってるんじゃなくて、乗らされてる時点で「運転手」の資格なし。


そんな変わらんだろ。現在の交通事故による死亡者数は、統計取り始めて(昭和23年)最も低い(令和元年データ)。もう少しで死亡者数は3千人を切る勢い。もっと下がるだろうけどそれは人口減少によるものかと。


死亡事故減らすのなら制限速度を本気で取り締まるとかそもそも下道では60までしか出ないようにするとかそっちのほうが効果ありそう。下道モードと高速モード切り替えられる&外から確認できるようにして下道で高速モードなら違反とかそんな感じで


コインパーキングの料金所から出る時や駐停車・発進時のギアやペダルミスによる急加速が原因の事故は激減するだろうけど、池袋暴走事故みたいに元からある程度スピードが出ていた状態からの踏み間違いは意図的な加速か踏み間違えかの区別のしようが無い出来ないから防げないだろうな。高齢者の事故は更新時の高齢者講習を厳しくするのが一番効果的だよ。現状の講習は意味が無さすぎる。


無いよりマシだろ?無いよりもあったほうが絶対にいい。そもそも普通に運転してたらまず作動しないんだから義務化に関してウダウダ言う意味がわからん。


高齢者講習を厳しくしても無意味だよ。だって免許を剥奪する権限がないもん。


つまり高い金出して最新鋭の新車を買えよってわけね。ふざけんなよてめえらの思惑には乗らねーよカス


自動車を手放せない地域の高齢者の足として、超小型自動車の普及をすすめてほしい。事故が起きた際に自分を被害から守るより相手の被害を減らすことを優先する、そのための費用とリスクを高齢者は受け入れるべき。


車の価格が上がるんじゃないの?


時速何kmで~とかあるけど、そもそも見えにくい場所からの飛び出しとか、右折車と直進車の衝突とかは防げないだろうし、踏み間違いの暴走車はもちろん意味ないだろうしなぁ。上の人が言ってるみたいに高齢者の足として超小型で最高速度制限付きとか、免許更新を毎年シミュレーターでの検査合格必須とか、他にできることあると思う。


ぶっちゃけ普段使いの足なら今のエンジンは過剰な性能なんだよね…法定速度の60キロを常時出せる道なんてほとんどないんだから乗員2名+30kgで50キロ程度出るエンジンとボディでいいんだが…昔の軽自動車のように


そのうちドラレコも標準装備に…ならんかな


それより無駄な物ばかり装備して値段を吊り上げるのやめてくれんか(´・ω・`)20年くらい前に比べて車重が200キロぐらい重たくなってるし




"新着動画 クルマの自動ブレーキ装着義務化で、交通事故はどのぐらい減るのか?"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:

人気記事