レゴブロックは最大で1300年、海中で形を変えず残存することが判明(イギリス研究)


lego-3602218_640_e

ta98mori/pixabay

 歴史上、子供に最も人気のあるおもちゃの1つといえば、レゴ(LEGO)を挙げる人も多いのではないだろうか。

 実は、世界中で人気のこのプラスチック製のおもちゃは、子供たちの思い出をはるかに超えて長い間残り続けるようだ。

 海中にあったレゴをイギリスの研究者らが調査したところ、最大1300年も形を変えず地球環境に残存することが判明したという。

―あわせて読みたい―

レゴの世界にもあるらしい。人間模様も垣間見られる「レゴ回転寿司店」
レゴブロックを踏むと死ぬほど痛いのはなぜ?
これブロックでできてるんだぜ。ピクセルドットみたいなレゴブロックみたいな猫の彫刻がかなりの再現度でナウオンセール!
すごいだろ、これレゴブロックでできてるんだぜ。しかも走る!スーパーカー「ブガッティ・シロン」を実物大で完全再現!
科学者がまた体を張った。自らレゴブロックを飲み込み無事に排泄されることを確認。平均1.71日で排泄される(英研究)

研究チーム、30年前のレゴのパーツを調査

 1949年デンマークのレゴ(LEGO)社が生産を開始して以来、約4440億個のパーツが製造されたと推測されている。

lego-1124009_640_e


 そのレゴ社パーツが入ったコンテナが、30年ほど前に海に沈み、何百万という小さなパーツが海中に散乱するというアクシデントが発生した。

 通常、パーツは海水よりも密度が高いため海に沈むが、海藻に引っかかったり強い陸上風や大波に流されたりすると、浜辺に打ち上げられることもあるという。

 そうして、時をかけてイングランド南西部のビーチに流れついた小さなレゴのピースを調査したのが、プリマス大学の研究者たちだ。

 彼らは、地元組織により集められたレゴが海洋環境でどのぐらい残存するのかを調べるために、アクリロニトリルブタジェンスチレン(ABS)と呼ばれる樹脂から作られた50個のレゴの劣化の度合いを分析した。

変色や重量の損失はあるが最大1300年残存する可能性

 ビーチから集められたレゴの各パーツは、特徴のはっきりしている凸部と凹部、そして多くの場合は部品内にあるデザイン番号を用いて分類された。

lego-708088_640_e

Efraimstochter/pixabay

 ジャーナル誌『Environmental Pollution』によると、海洋中のプラスチックは長時間持続するものの、自然の力によって光酸化による劣化や物理的ストレスを受け、変色や重量の損失を生じるということだ。

 研究チームは各レゴのパーツを洗浄して重さを測り、劣化していないパーツと比較した他、蛍光X線(XRF)分光計を使用して化学成分に基づき、そのパーツがいつ製造されたのかを推定した。

 その結果、個々のレゴブロック1001300年にわたって地球環境に残存する可能性があることがわかったのだ。

lego-1044891_640_e

eak_kkk/pixabay

レゴのパーツはマイクロプラスチックに分解する可能性も


 古いレゴのパーツは、そのほとんどのピースが形を変えずに残っていたものの、見た目は色あせて脆く、そしてやや軽くなっており、一部破砕や凸部の摩耗が明らかになっていたという。

 つまり研究者たちは、一部の構造が破損および断片化していたということは、レゴのピースがそのまま残存するだけでなく、マイクロプラスチックに分解する可能性があることを示唆しているのだ。

 今回の研究を行ったプリマス大学環境科学準教授のアンドリューターナー博士は、声明文で次のように述べている。

プラスチックは比較的新しい物質のため、環境に与える長期的な影響や、海中でどれぐらいの期間残存するのかということを見極めるのは困難です。

しかし、海で発見されたレゴのピースは、平均40年経っているものであると推測されました。

環境に潜在的な問題を引き起こさないようにするためには、使用しなくなったレゴを適切な方法で廃棄することが重要です。


lego-708086_640_e
Efraimstochter/pixabay

 レゴの魅力のひとつとして、常にその耐久性が挙げられていることから、何十年にもわたり海に潜んでいる可能性があったにも関わらず、たいして摩耗していないことは特に驚くべきことではないが、その耐久性の完全性がこれほどだったことには、さすがに研究者たちも驚いたようだ。

References:Iflscienceなど / written by Scarlet / edited by parumo

全文をカラパイアで読む:
http://karapaia.com/archives/52289540.html
 

こちらもオススメ!

グッズ・商品の紹介記事―

組み立てて疫病退散!妖怪アマビエの立体パズルが販売開始
コロナ対策に間に合うか?顔周りの空気を浄化するハイテクマスクが予約販売中。ただし発送は7月予定
ポテトチップは飲み物です。ポテチの袋に取り付け飲むように食べられる専用キャップ「ポテラッパー」
没頭すれば嫌な気分も吹き飛ぶはず!クトゥルフの塗り絵が無料ダウンロード公開中
おならのニオイを抑えるバナナ型の消臭グッズ「カーボナナ」

―知るの紹介記事―

世界最大のドッグショーで、審査基準を超えて愛された犬(イギリス)
体の半分がオスで半分がメス。雌雄モザイクの不思議な蜂が発見される(パナマ)※昆虫出演中
「スパゲッティの木」1957年のイギリスのエイプリルフールネタから得られる教訓とは?
炎の中から2匹の子猫を助け出した勇敢な消防犬、ニップの物語(アメリカ)
卵を産むし、いざとなったら食料に...新型コロナのパニック買いでヒヨコを飼う人が続出するアメリカ、専門家が警告
レゴブロックは最大で1300年、海中で形を変えず残存することが判明(イギリス研究)


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

石版の代わりになりそう


1300年後にレゴハウスを掘り当てた考古学者が「この遺跡はいったい何なんだ?」と頭を悩ませるわけだな。


1300年後に人類が存在しているかどうか・・・


「環境に潜在的な問題を引き起こさないようにするためには、使用しなくなったレゴを適切な方法で廃棄することが重要です。」←今回の一番重要な部分。そういえば、街の壁とかの破損部分をレゴで埋める人とかいたなぁ。


1300年後の考古学者「1300年も残存するオブジェクトを当時の人間が作れるはずがない、これは宇宙人の遺物に違いない!」


ポイ捨てしなきゃ良いだけ


「残存する可能性がある」って、そんなこと、研究しないでも分かりきったことなんだよなあ...。可能性なんかいくらでもあるだろうに。


あれ、マイクロプラスチックができる原理とぜんぜん違う内容に見えるんだが


1000年以上たっても形が残るってのは地球環境的にはよろしくない事かもしれんがロマン的にはよろしい事であると思う。


>かきくくアヤソフィア「は?」サンタ・サビーナ堂「は?」コンスタンティン・バジリカ「遺憾の意」


【速報】海中から汎レゴ文明の遺物見つかる


プラといっても元はナフサ、つまり地底の果てから汲み上げられた石油。   ABS程度でどうのこうの言われるんならスーパーエンプラとかどうなるんですかね?


レゴブロック「私にマイクロプラスチックは該当しない(どやぁ)」


分解されずに残ってるなら、だいたい埋まったりするから環境もクソも無いだろ


レゴで海底神殿建てようぜw


バイオBB弾を見習って、生分解性プラスチックを使ったらよろしいかと。


海水で分解する生分解性プラスチックはあるけど、水温20度の海水で40日以内という厳しい条件だから解決が難しいんだよなぁ。一番の解決策は災害などを除き、しっかりゴミ箱に捨てるという簡単な解決方法なんだろうけどさ。


1300年もあれば流石に宇宙世紀にはなっているだろう


この前プラスチック食うバクテリアが海中から見つかってなかったっけ?


よっしゃ、レゴで遺跡建てようぜ


レゴブロックにデータを記録すれば1300年保存できるメディアになるな


1300年後にはローマングラスみたいに古のレゴを集めるコレクターとかいそう


イカとかがレゴで遊んで知能を発達させるわけだな


今のうちに海底にレゴ神殿作っとけば第2のアトランティスになれるんだろうか


よく読んでないけど1000年遊べるおもちゃ!すごい!!って記事?


他のゴミはどれくらいの期間でどの程度分解されるんでしょうか、一年間に出すゴミの量とバランス取れているのでしょうか?実はゴミの大半は海底に落っこちているので問題になっていないだけなのである。




"レゴブロックは最大で1300年、海中で形を変えず残存することが判明(イギリス研究)"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:

人気記事