政府は十分というけれど…労働者が自分で申請できない休業補償


代替テキスト

1月16日の「初感染者」発表から、100日が経った新型コロナウイルスとの闘い。はたして、指揮官を務める安倍晋三首相の判断は適切だったのか? 安倍首相の「コロナ対策」を識者が斬るーー。

【休業補償】労働者が自分で申請できない

3月28日、日本政府は4月1日からの雇用調整助成金の特例措置の拡大を発表。雇用調整助成金とは、雇用維持のために、労働者に対して休業手当を支払った企業に支給される制度。

新型コロナウイルスの感染拡大に伴う特例措置として、対象が拡大し、支給要件も緩和されました。従来は雇用保険の被保険者への休業手当のみが対象でしたが、今はパートアルバイトなどの労働者への手当も対象になっています」

そう解説してくれたのは、労働問題に詳しいNPO法人POSSE」代表の今野晴貴さんだ。しかし、雇用調整助成金はうまく活用されていないという。

「助成金の申請は、あくまでも会社側の判断。労働者が申請することはできません」

手続きは煩雑なうえ、1人1日あたり8,330円の上限がある。さらに、会社が労働者に手当を払ってからでないと申請できない。

「特に、パートアルバイトなど、労働組合に入っていない非正規の個人が、会社に申請を要求するのは非常に困難な状況です。結果、正社員は休業手当をもらえるのに、非正規には出さない。それどころか急に解雇されるという事例が続出しているのです」(今野さん)

コロナとの闘いが始まって100日。識者の評価は辛辣だが、闘いの終わりはまだまだ見えていない。これからの100日も厳しく見守ろう。

「女性自身」2020年5月12・19日合併号 掲載



(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

今更になって雇用調整助成金を取り上げるようになったな。ずっと報道しない自由で報道しなかったマスゴミの責任もあるのでは?


マスコミは妨害を続けてる*。


それは企業の問題で政府の問題じゃない。


何のためのマイナンバーやねん


労働者が個別に申請できる仕組みは無理(少なくとも今は)。記事は文句言うだけじゃなくて、アルバイト一人から入れる労組(コミュニティ・ユニオン)紹介するとかしたら?


そもそも「休みなのに従業員に給料を払ってる企業への支援」なのに、なんで従業員が申請できるべきなの?  給料を貰ってる従業員に金を渡して給料を払った企業には金をやるなって事?


今まで会社経由で所得税という税金・社会保障費を払っていたから、緊急事態になると早急に政府から金出ない。個人個人が税金・社会保障費を直接払っていたら、もう十分な生活資金が来ている。今まで楽していた庶民への罰が来ただけ。


「ウチ以外にもっといい稼ぎ扶持あるからウチとは非正規契約なんでしょ。ウチを選んでくれた人優先に助けたいから君は向こうに話してみたら?」


補償!補償!補償!補償!補償しない今の政府はケチ!補償しない今の政府はケチ!補償しない今の政府はケチ!みんなもこんな政府イヤだよね!さあ次の選挙で落とそう!!!!!!!!!!! ←ほんとマスコミこればっかりやり続けてるな


生活保護がちゃんと機能していれば何も問題は起こらない。すべての元凶は役所の水際作戦であり、役所を監督する安倍政権に責任がある。


始まる前は、遅い、遅い、遅い、巧緻より拙速を尊べ!始まって、自分の期待と僅かでも外れてたら、緻密さ細やかさが足りない、政府は無能、安倍は辞めろ!そっくりそのまま自称マスコミ、自称ジャーナリスト、自称報道関係者、自称専門家にお返しします。ほらよっ!


消費税を0にするのは実質的給付だしすぐできるし簡単だ。さっさとやれ安倍!


日本政府は子供だよ。国民が申請しないと金出さないなんて。国民全員が暴動起こさないの知っているので、何もかもが遅くて金額も低い。国を充てにしているとみんなタヒぬぞ。


休業補償の対象が企業なのに、なんで個人が申請できないとダメなん? ただ政府に文句を言いたいだけにしても、ひどすぎない?


やはり組合の存在は大事ですね


???『会社が給料補填したらその分払いますよ』って制度なんだから、まず会社が先に払うのは当然では?申請してから払われるまでにタイムラグあるから、会社が給料として払った方が労働者にはありがたいはずだし。何が言いたいんだこの記事???


簡単な手続きで個人が気軽に申請できるようになった結果ドイツみたいに詐欺集団に何百億もだまし取られるなんて事態になっても困るだろうに


欧米型の雇用の流動化を目指して、人材派遣会社だけが肥え太った結果が現状なのだから、労働市場を根本から見直す必要があると思う。


マスゴミガーは何故政策の不備、政府の無能を叩かずにマスコミを叩くのか?政治をしてるのはマスコミじゃないんだけど…*なのか?


非正規だからいけないんだろ。正社員になれるように努力しないからそういうことになるというお説教マンはまだか。


そもそも非正規の自己責任では。さっさと雇い止めでもなんでもされててくださいな、努力しなかったんだから


企業単位で決める事まで政府がそれぞれ面倒見るわけがないんだよなぁ・・・。台風とか地震の時もそうだけど、何でもかんでも国に言えばいいってもんじゃない。


見出し見てハーバーかな?と思ったら女性自身だったOrz・・・


マスゴミ達には雇用調整助成金は全く関係ないことだ。このコロナ充満している間でもスポンサーから金入ってきている。みんなが苦しんでいるときが一番いい思い出来る一番の民間業種。そこの乗っかっているお笑いタレント・有識者たちが一番儲かっている。


すぐに作れてすぐに売れる物ならば、コロナの影響もすぐに出るので休業もすぐに行えます。ただ、日本経済の屋台骨である製造業に於いては受注に対しての納期が数か月先になるものが少なくなく、申請の条件である前年同月と比較した売上げの低下に陥るのは今ではなく、もう少し先になるのです。


国はマスクより「アリとキリギリス」の絵本を全国に送れ。自業自得で喚いてるやつらが多すぎる。


雇用調整助成金をわかってないのがちらほらと


Ryuさん、この雇用調整助成金は休業手当を支給する為のものではなく、助成金を出すので解雇や雇止めをしないで下さいという意味で支給するものなのです。帰休させても社会保険などの人件費は減りはしない、でも解雇すれば一気に負担がなくなりますからね。だから会社がそう舵取りしないよう、国は助成金を出して何とか雇用を繋がせようとしているのです。


ちなみにこの助成金の持つ力が大いに発揮されたのは、リーマンショックの麻生政権の時でした。当時の呼び名は「中小企業緊急雇用安定助成金」頭に中小とありますが、大企業もこの助成金には大いに助けられたかと思います。自分は今もですが当時実務担当者でしたので、助成金はもちろんその先を見据えたものづくり補助金など、総理の舵取りの見事さを今でも鮮明に覚えています。


どのみち資金繰りに苦しい企業の資金ショートには間に合わない。掛けの期間の都合上2カ月くらいで金が戻らなければならないが、手当が振り込まれてから時間稼ぎされる手続きだから、間に合わない。 あ、記事書いたのでよろしくhttp://theendou.adam.ne.jp/lib/r38.htm




"政府は十分というけれど…労働者が自分で申請できない休業補償 "へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:

人気記事