倹約好きな日本人がなぜ、レストランでの食べ残しを持ち帰らない? その理由には考えさせられる=中国メディア 


 中国メディア・東方網は4日、「節約、倹約がモットーな日本人が、どうして浪費になってもレストランで食べ物を持ち帰らないのか」とする記事を軽視した。

 記事は「倹約、という言葉は過去、現在、そして未来のいずれに置いても非常に重要であり、限りある資源が減りつつあるなかで、われわれは一層倹約の習慣を身に着けるべきだ」としたうえで、飲食店で食べきれなかったものを包んでもらって持ち帰るというのも「とても大切なことだ」と伝えた。

 一方で、日本人について「意外にも、食べ残しを持ち帰る習慣はないのだ」と指摘。限りある資源を有効に使うことに長け、倹約をモットーとしている日本人が持ち帰りをしないのは一見不可思議だとしつつ、「その理由は、食べ物の浪費と節約に対する認識を改めさせるものであり、かれらのやり方には深い意味があるのだ」と紹介している。

 そして、日本人は余った食べ物を持ち帰らないというよりも、そもそも「持ち帰る必要がない」と説明。日本人は基本的に食べられる量だけを注文するので、基本的に大量に食べ物が残る状況が発生しないのだと伝えた。

 記事は「われわれも毎回、食べられる量だけを注文すれば毎回持ち帰る必要がない。どっちが本当の倹約で、どっちが浪費なのか。これはわれわれが真剣に考えるべき問題だ」とし、日本人のように「食べられる分」だけを注文する習慣を身に着けるべきとの考えを示した。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)

倹約好きな日本人がなぜ、レストランでの食べ残しを持ち帰らない? その理由には考えさせられる=中国メディア 


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

それもあるけど、衛生(責任)上店側が持ち帰りをさせない事もあるから。


衛生面で禁止してる店も多いし、バブルのせいか、そもそも持ち帰ってまで食べ残しを食べることを恥ずかしいと思ってる人も多かった。まあ、最近はロスが問題になってるから持ち帰る人も持ち帰れる店も増えたけど。


そもそも倹約してる奴は外食を控えるし残しもしないし日本人が倹約な傾向があるなんて初耳だ


喰えないほど頼んで、更に持ち帰ってまで喰うのか?ってのと、それは倹約なのか?って


日本人は倹約家じゃなくて自分の好きな事にだけ金突っ込むタイプでしょ?


食べ残さない


日本人は倹約家なのであって卑しいわけじゃないから。


そういや近所の中国人がやってる中華料理屋、余ったら容器に詰めてくれるんだよな。こういうサービスやってくれれば頼むときに量で悩まないし、店側としても多めに注文してもらってフードロスも出ないとか双方得だと思うんだが


<(^◇^;あはは 中国国内の満漢全席の調子で中国国外の洋食レストランでやってるとしたらそりゃぁ認識・習慣の違いからくる誤解 d(・・) 基本出された食事は”残さすに食べることがマナ-”d(・・) ”残す”=”口に合わない””不味い”こと暗示。”持ち帰る”ことで”事故(食中毒等)”が起ったとき店の”信用に瑕”がつくし”味”を盗まれるのを嫌うし風味が損なわれる


最近は新鮮さを売りにするため賞味期限を短くして大量廃棄をするコンビニや、インスタ蝿が写真だけ取ってまるっと残したり、フードファイターの真似事をして結局大量の廃棄を出す阿呆が後を絶たんので罪深さは中国より上


日本でも出されたお茶菓子を持ち帰る(客に持たせる)事はあるよ。食事ではそれをしないというだけ。そもそも「倹約」は無駄を省いたうえでの出費を抑える事で、食べきれないほどの食事を用意するのは「無駄」ではないのかな?


基本、料理が提供された時が”食べ頃”であるようにシェフ/料理人/店側は考慮している。気の抜けた生ぬるいビ-ルを飲むのがいいか、適温に冷やされた製造直後のビールをその場で飲むのがいいのか、考えたらわかることd(^^)好みもあるけどね(^_^;)>あはは(そういえば、どこぞで中国人客が大量に食べ残すから”出入り禁止”にした..ってのがあったねぇ(笑)あれ絡み?)


昔は持ち帰りできたが、家に持って帰ってしばらく放置して食ってから食中毒起きた、店のせいってことがあったから衛生面で禁止してる店が多い。店舗販売で個包装に消費期限書いてないと腐ってるの食って訴えるバカいたりするから


持ち帰れば味が落ちるし、そもそも【食べかけ】を持ち歩きたくない。


衛生上の理由が大きいだろうね。持ち帰りの途中どうなるかまで保証できないことを考えたら持ち帰りできないのもわかる。最初から無駄にしない量を頼むようにしたいね。




"倹約好きな日本人がなぜ、レストランでの食べ残しを持ち帰らない? その理由には考えさせられる=中国メディア "へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:

人気記事