「満員電車もうイヤ」宣言解除で職場に不満…「バックレ退職」の危険なワナ


今年は、例年以上に「五月病」が猛威を振るうかもしれないーー。緊急事態宣言5月25日に全面解除となった。「コロナ前」の生活にいきなり戻るわけではないとしても、今後は会社やバイト先へ出勤する機会が徐々に増えることが予想される。

仕事が減ったり、失ったりする人がいる一方、ネットでは在宅勤務をしていた人などを中心に、「ずっとテレワークがいい」、「満員電車もう乗りたくない…」といった声もある。

通常、五月病は新しい環境に慣れようと4月に頑張った分、大型連休(GW)で緊張の糸が切れて、連休明けに「仕事に行きたくない」状態になってしまうことだ。ところが、今年の春は新型コロナウイルス問題で多くの人の生活環境が変わった。

もし「ちょっと遅めの五月病」で仕事に行きたくなくなり、たとえば、退職届を出すのがわずらわしいと、何も言わずに「バックレ」退職した場合、どんな問題が生じるだろうか。原英彰弁護士に聞いた。

バックレ」退職で訴訟に発展する可能性も

「損害額がそれほど高額になるとは思えませんが、『バックレ退職』してしまうと、雇用主から損害賠償請求される可能性がありますし、無用の紛争を招くことになります」

弁護士はこのように答える。バックレ退職で訴えられる可能性はどのくらいあるのだろうか。

「実際には、損害額がそれほどの金額にならないであろうことや『バックレ』の合理的理由が争点になりうることから、訴訟になることは考えにくいと思います。しかし、見せしめに訴訟提起をしてこないとも限りません。

どうしても辞めたくなったときは、『辞めます』ときちんと意思を伝えてから、できれば証拠が残るように文書で、出勤を拒否しましょう。意思を伝えるだけでいいので、会社に行く必要もありませんし、退職代行を使うほどのことはありません」

法律的に正しい辞め方とは?

では、法律的にどういう辞め方が正しいのだろうか。

「まず、アルバイト契約社員など、期間の定めのある雇用契約ですが、期間満了前に『次の契約期限が来たら辞めます』と言えば、法的には問題なく退職することができます。

仮に期間中でも、法律上、『やむを得ない事由』があれば、退職することができます。無理なシフトや長時間勤務を『やむを得ない事由』と解する余地は十分にあります。

また、だいぶ緩和されてきていますが、休業要請の対象となっている業種であるにも関わらず、事業主が出勤を強く求めてくる場合などは「やむを得ない事由」が認められる可能性が高いでしょう。

アルバイトは、通常は1カ月から3カ月程度の期間を定めた雇用契約を締結し、期限がくると契約を更新しているというケースが多いと思います。

契約期間満了後も従業員が継続して働き、雇用主もこれに異議を述べない場合、同一の条件で雇用が継続することとなります。契約更新後は、辞めたい日の2週間前までに言えばいつでも退職できます」

では、正社員の場合はどうだろうか。

「こちらも辞めたい日の2週間前に、退職の意思表示をしてください。就業規則で2週間以上を設定している企業もありますが、2週間経過すれば、退職の効果は発生します」

【取材協力弁護士
原 英彰(はら・ひであき)弁護士
人事労務を中心に、企業法務を取扱う。外部労組との団体交渉の経験が豊富で、年間50回を超える出席をしている。
事務所名:JPS総合法律事務所
事務所URLhttp://jps-law.jp/

「満員電車もうイヤ」宣言解除で職場に不満…「バックレ退職」の危険なワナ


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

てかその前に5月病で辞めるなよwwwまぁ今の状況で自分から辞める奴なんてそうそういないだろうけど・・・ニート一直線だな


「ずっとテレワークがいい」 ←つい先日まで家にいるとコロナ離婚()だの何だの言って出勤したがってたくせにどっちなんだよw


やる気ないなら辞めればいいと思う。そんな社員居なくても会社は困らん


自殺が一気に増えそうだ。


東京はテレワークでできる仕事が多いって判明したんだから地方に会社を作れば良い


狭い国土で人が住む事出来る平地ももっと狭いのに1億2千万人も居住するから仕事場が集中する。事務職系ばかりを持て囃して、一番重要な食糧生産系・商品生産の工業系を潰したから、農業などの食料生産系なんて全国でしか生産できない。工業系も同じなのに。東京に人が集まってどうするの。東京に集まる奴はバカ者と言おう


あまえてんじゃねーよ


前の東京オリンピック(1960年)、それ以前の昭和初期も今と同じように通勤電車はすし詰め状態だったのに、すし詰め通勤知っていて東京へと出て来て就職する。嫌なのなら最初から東京に来るな。これだから特殊詐欺の被害者が居なくならない。


まぁ、こうなるわなぁw非常事態宣言中に*企業が超ホワイトに変わるわけじゃないしパワハラセクハラ上司が浄化されるわけでもない。宣言解除で満員電車ががら空きになる事もない。そんな状況の中、一月以上家に閉じ込められてた人達が一斉に外に出てくる恐怖と言ったらもう


家でのんびりダラダラ仕事してた人がいた一方で、コロナ流行前以上に苛烈な仕事してた人間もいたことをわかってないようだ


育児休暇した女たちも、カネだけ受け取って復帰せずに復帰予定日に退職する奴が続出してるとか 「*ガー」ということにしてるようだけどね。ひとのせい!ひとのせい!w


何言ってんだか。家にいられても役に立たないんだから、とっとと仕事に行って。ガンガン働け。


太平洋戦争時から東北・上越地方の民たちは東京へ行ったらバラ色の人生が待っていると半ば詐欺のごとく洗脳して就職させるために、上京さした。各地方で産業立ち上げて若者を繋ぎ止めれば、ここまでひどい状態にならなかった。全部、国会議委員が得することしかしてこなかった。


満員電車でまたコロナみたいなことがあってもおかしくないから、テレワも新しい働き方としては悪いとは思わないけどな


今の世の中その立場を変わって欲しい奴はいくらでもいるんだし、いらないなら手軽に投げ捨てれば良いんじゃね?もっともまた欲しくなっても手に入るかどうかは知らんけど。


出社自体のタスク軽減できるんだからテレワークはむしろ増やすべきでは?移動にかかわる産業がダメージ受けるから駄目ですってことですかね。


コロナが蔓延する中満員電車に乗りたくないって内容だと思ったがそんな事はなかった


満員電車が億劫なのは分かるが、それで辞めたいなら辞めればいい。ただそれで生活保護貰えないことだけは理解しろ。


>さめ 直接的にはそれは大きな原因やね。また精神面でも酷くて、どこの企業も昭和で時間が止まっとるね。 いまだに移動時間の長さを自慢しとる奴もおればその間に仕事のこと考えられる(無給)とかほざく奴もおる。 控えめに書いて気ぃ狂っとるのは分かるやろ?


バブル崩壊後、リーマンショックでも、東京へと本社移転さす大企業も増えたからな。バカなジジィたちが直接顔合わしたいから本社が多い東京へ行く理由にしただけ。ネット利用ならド田舎に本社移しても、授業効率変化ない。パソコンオタクをバカにし追い出した罰だ。


週5日間、朝5時に起床、家出て、夜8時頃に帰宅する生活なんて10年以上できる奴って勤務時間中に数時間はどこかで寝ているか、仕事していない奴。まじめに仕事している人は1年経たずに病気になる。実際私がこれしていて、1年ぐらいで電車内で倒れました。


つば九郎のむすこ 偏見すぎでは?15年続けてる人もいるし・・・体調悪くなることは あるけど仕事してないやつとはいいがかりすぎ仕事が遅いからじゃないの


いいよな。後先なんも考えなくても「ヤダ」ってほっぽり出せる奴は・・・


buzzみたいに、見たことないのに簡単に「 仕事が遅いからじゃないの」と書く奴多い。まじめに仕事して最速で仕事こなしたら、ごまかして手を抜いて仕事している奴が良い仕事していると評価する世の中になっている。まじめに仕事していたら定時で毎日帰る事出来るぞ。定時で帰宅するのが嫌な奴が無理やり会社に残っているは正しいの。


満員電車とかを緩和するためのテレワークなんだけどねぇ…出勤と退勤に使う移動時間の無駄を排除すれば、そんだけ時間が確保できるわけなんだけど、企業は社の利益以外(プライベートな事全般)は知らぬ存ぜぬで自己責任だから、企業が主導でテレワーク促進なんて最初から無理なのかもね…


日本人は色々と変化望むことは言うけれど、実際に実行できた事無い。各テレビ局たちも生活様式買えようというけれど、今まだ朝から深夜までの番組編成の大変化ないし、昼間の一時的な放送停止すらない。コロナ発生時と同じ番組編成のまま、生活様式買えろというのなら、18時・19時からワイドショーしたり朝から、アニメ・ドラマ・音楽番組してみろよ。報道系が変化しろ


満員電車は異常なことなのに慣れさせられてたんだよ。おかしいって気が付いた人がいっぱいいるってのは良い事。おかしいことには声を上げてけ。世の中甘くないを標語に人に優しくしない社会を正当化して他人に理不尽を押し付けてきた悪の世代の変な価値観を是正するんだ。


大丈夫だ。企業の不当解雇だってロクに処罰されないんだから




"「満員電車もうイヤ」宣言解除で職場に不満…「バックレ退職」の危険なワナ "へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:

人気記事