外国人が衝撃を受けた『漢字の読み方』とは? 「理解できる日本人は忍者か…」


ラトビア出身のプログラマーで日本好きだというアルトゥル(@ArturGalata)さん。

日本語の勉強をしていたところ、ある漢字の読み方に衝撃を受けたといいます。

アルトゥルさんが「日本人は忍者だ」と思わずつぶやいた訳とは…。

『生』の読み方が幅広すぎ…!

漢字の『生』に多種多様な読み方があることに驚いたアルトゥルさん。

漢字の読み方は複雑で、日本人でも教えてもらわないと読めない場合もありますよね。

ネットの声】

・『羽生』は『はぶ』の読み方もあるよ。

・並べると新鮮!読み方は150ほどあるらしいです。

・そういうものだと思っているので読めるけど、難しいですね…!

・勉強熱心で素晴らしいアルトゥルさんも忍者になれるよ!

ちなみに『生』の対義語である『死』の読み方は『し』のみ。

投稿を見た人からは「生き方は多様だけれど、死は1つだけ」といったコメントも寄せられていました。

日本語の奥深さを、改めて感じますね。

また、アルトゥルさんは『生』の読み方が覚えられるTシャツを作ったとのこと。

オンライン上で購入できるそうなので、興味のある人はチェックしてみてください!


[文・構成/grape編集部]

出典
@ArturGalata
※写真はイメージ


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

これは中国を支配してる国が変わるたびに変更された漢字の読み方をすべて取り入れて保存していった結果だから


★日本語はわかりづらい。読みずらい。アルファベットに切り替えて、ローマ字入力にしたらどうだろうか?(*^-^*)


これもう「生」自体の読みっていうより一つの単語としてそういうもんだって感じだもんなあw でも外国語も結局そういうのあるわけで。


「生き方は多様だけれど、死は1つだけ」←実は「死」は37個の読み方あるらしいぞ。


読みに対して漢字をあてるというスタイルを知るべしですな。


「1月1日(日曜日・祝日) 初日の出は7:45 日本全国日中晴れで2日まで続く見込みです」


「九州」は韓国領土 ← *


言われてみると沢山あるね。


日本酒は生一本(き・いっぽん)なんだよなあ。


>「死」は37個の読み方ある  それソースどこ?


こういうのに関しては順々に覚えるしかねぇわ、地名とかの名称に使われると簡単に読めそうでも知ってなかったら絶対読めないなんてザラだから頑張れとしか言えんw


まあ、変な読み方は単語の時だけ、ってのが多いから、ひとつの単語として覚えるしかないよね。実際日常的に使う読みは上4つくらいでしょ。


日本人が英語の複数形に苦戦する感じっすね


事象が先に来て、それを漢字に当てはめるやつとかまずわからんもんな


>日本人が英語の複数形に苦戦する感じっすね←おんなじ英単語を、なにか有名な事件があった時それに由来した別の意味を付け加えるのホント辞めてほしいわ 意味不明すぎる


まあ、読みは日本人ですら間違う人が多い場合もあるからねしかたないさ、むしろ重要なのは漢字一文字毎に意味を持ち一度覚えてしまえば組み合わせで要件を伝えられるとこだからね。


ああメロンパンの人かw落ち着いたら日本にきてメロンパンたくさん食べてほしい


最後で自作メロンパンの人ってわかったなwしっかし勉強熱心なうえに商魂たくましい。いいな。


「生ビールのつまみが生姜ばかりの生活が誕生し生憎すぎて芝生に草生える」Tシャツに生生える


そりゃ世界で一番習得難易度が高いって言われてる*。まあ統一されてないどこぞのアジア圏よりはマシだと思うけどね。


まあ、難しいと思う中で美しさも感じて欲しいけどね。日本の伝統色、色の表現なんて465もあるんだぞ。初めて知った時は驚いたけど、綺麗だとも思った。そういう風に感じてくれればうれしいよね


英語だって複数形が原型留めてなかったりイントネーションが変わるから通じないとかスラングの意味合いで侮辱とかそんなんやんけ!結局のところ自分の言語以外なんて大体そんなもんかなって


何故そこで忍者ww


英語勉強してるときに、「例外ばっかやんけ!!クソが!!」って思ってたけど、日本も同じようなものだったか


Tシャツのオチいいねw


Tシャツのセンス好きだぞ。いつか日本に来られたら是非メロンパンを満足するまで食べて欲しい。他にもうまいものは沢山あるからな、待ってるぞ。


知ってるか知らないかの問題なんで、あんま気にしないでいいです。


ALICEとMALICE的な?(読みの問題じゃないが)




"外国人が衝撃を受けた『漢字の読み方』とは? 「理解できる日本人は忍者か…」"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:

人気記事