「お前を消す方法」でおなじみの“Excelイルカ”、最新版でも予想外の場所で生存が確認される 「なつかしい」「再雇用枠か」


 イルカキャラクターカイル」が、最新の「Microsoft 365」などでも登場することが判明し一部のWindowsユーザーが消さなければという使命感に燃えているようです。その見つかった場所とは、“はがき印刷機能の切手スペースイラスト”。なんてひっそりとした場所に……。

【画像】カイルの拡大写真

 「カイル」は、古いバージョンの「Microsoft OfficeMS Office)」に、使い方のヘルプ検索窓として登場していました。しかし、画面占有率が高かったことや、当時のMicrosoftヘルプの精度が高いとはいい難かったこと、そして当時の一般的なPCスペックではただでさえ重いOfficeで滑らかにアニメーションしてさらに重くなることなどから「お前を消す方法」で検索することがあるあるネタとして広まってしまいました(なお消す方法もちゃんとした回答は返ってこない)。

 時は流れ、MS OfficeモダンなUIへバージョンアップされていくと同時に、いつの間にかカイルも消滅。2015年には、Microsoftエイプリルフールネタに使われる始末でした。

 しかし、そんなカイルが、令和2年となった2020年になり最新バージョン内で発見されたというのです。それが、はがき印刷機能の切手スペースでした。そこには当時の画質そのままのカイルの姿が。本当に当時の姿そのままだ……ジャギってるところまで……。

 このカイル再発見で話題になったのは、Riichiro Abeさん(@hng874)の「おまえ……こんなところで働いていたのか……」というツイートがきっかけ。リプライ欄などでは、「お前を消す方法」「なんかもう古代遺跡の壁画を見つけたような感じっすね……」「お前を消す方法」「公務員になったのね」「お前を消す方法」といった声が寄せられていました。

 ちなみにカイルの出し方は、最新のWordで「差し込み文書」→「はがき印刷」→「宛名面の作成」→「はがきの種類」を「通常のはがき(S)」と選択すればOK。第2のイルカ生を歩みだした彼の姿を見てみてください。

カイルの再就職先


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

すっかり忘れ去っていましたが、なつかしい…


コルタナよりは愛嬌ある


みんな邪険にするから転職しちゃったのかw


本気で鬱陶しかったからなw


壁|ω・)つ消印(消した印)


97で生まれ最後が2003。2007からはもう居なかったからね…


まぁ、これなら消さなくていいか


遺影にしか見えない


お前を残す方法(今なら余裕だけど、最初からいる必要性が・・・)


Excelイルカ絶対に消し去るマン(#゚皿゚)


好きだったのに。


お前を消す方法


これにはシーシェパードもニッコリ


俺は好きだったぜカイル


話題にすらならない他のオフィスアシスタントに比べれば…


表示されるときは鬱陶しくて早くいなくなれ、そう思っているんだけど、いざいなくなったらなんか寂しかったのよなぁ・・・


葉書にプリントすることも減ってくだろうから、まだピンチは続いてる


コルタナにお前を消す方法で調べると面白い仕掛けがしてあるらしい


ドラッグで動かしまくって分身させてたな


お前を消印にする方法


お前にまた会う方法


生きとったんかワレェ!


Office 2007の時からここに再就職してたんだよなぁ


冴子先生は実写化までしてるのにカイルくんかわいそう




"「お前を消す方法」でおなじみの“Excelイルカ”、最新版でも予想外の場所で生存が確認される 「なつかしい」「再雇用枠か」 "へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:

人気記事