エアコンの室外機をぬれタオルで冷やす方法が拡散 → 本当に効果あるのかダイキンに聞いてみた


 エアコンの調子が良くなるアイデアとして“室外機をぬれタオルで冷やす”方法がTwitterで拡散され、「もしかして電気代下がるのでは?」「これはいいかも」と注目を集めています。すでに試したら良くなったという声もありますが、実際に効果があるのかエアコンメーカーのダイキンに聞いてみました。

【その他の画像】

 同社の結論としては、実際に検証したことがないため具体的な効果は分からないが、「理論的には効き目が良くなる可能性はあります」とのこと。ただし、「室外機の上に物を置くことは推奨しておりません」と、オススメしないとの回答でした。

 拡散されている方法は、ぬれたタオルを室外機の上(天板)に載せ、さらにそのタオルの端を隣に置いた水の入ったバケツに浸すことで、タオルをぬれた状態に保つというもの。これにより、タオルに含まれた水が気化する際に天板の熱を奪い、天板の温度を下げると考えられます。

 同社は、「(天板の温度が下がるのと同時に)『室外機周辺の温度』や『熱交換器』の温度が下がるのであれば、効き目が良くなる可能性はあります」としつつ、実際に「室外機の天板の温度が下がることで、室外機が吸い込む空気や熱交換器の温度がどこまで下がるか分からないため、実際に効果があるかは分かっておりません」としています。

 また室外機の上に物を置くことの注意点として、

・室外機がベランダなどに設置されている場合、バケツなどの落下による危険性が考えられます。

タオルが室外機の正面側や背面側に垂れ下がってしまった場合、空気の流れを阻害して、運転効率が大きく下がってしまいます。そうなると、本末転倒となってしまします。

 と、上記の方法をオススメしない理由を2つ挙げています。

●エアコンの効率低下を防ぐ方法

 そうなると、メーカーが推奨する方法が気になるところ。そこでダイキンに、エアコンの効率低下を防ぐ方法を聞いてみました。

 まずポイントとして、室外機は背面側から空気を吸い込み、正面側から空気を吹き出しています。この気流が熱交換器を通り抜けることで効率的に熱を排出しており、この時の吸い込む空気の温度が低いほど、多くの熱を排出できるため、より効率的な運転ができます。そのため室外機周辺を冷やしてあげることが効果的で、「室外機に日陰をつくる」「室外機の周りには物を置かない」ことをオススメしているとのこと。日陰を作る方法としては「室外機から1メートルほど離れたところに、植木を植える」「よしずを立て掛ける」など。

 もう1つの方法は、基本ですが「室内機のフィルターを定期的に清掃する」こと。エアコンの室内機は、空気を吸い込む際に室内に浮遊したホコリも同時に吸い込むため、それをキャッチするフィルターには徐々にホコリが積もっていきます。すると吸い込める空気の量が減ってしまい、必要以上に運転することになるとして、「室内機のフィルターは2週間に1度を目安に清掃いただくことをお勧めしています」とのこと。ちなみに、フィルターを1年間掃除しなかった場合の消費電力を試算したところ、25%の無駄が発生することが分かったそうです。

 ダイキンの公式サイトでは、他にもエアコンの節電情報を紹介しています。「スイッチの入切で温度調節を行うのはやめましょう」といったエアコンの運転に関する節電方法も掲載されているので、一度チェックして参考にしてみるといいでしょう。

室外機の天板に物を置くことはメーカーとしては非推奨


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

氷を置いても10分。1度しか下がらない。アルミニュウムの室外機シェードを上に張ったら、3度下がった。もちろん長時間続くが、外気温が上がれば27度31度とエアコンの限界は必ず来る。昼間に水をかけても「焼け石に水」のように一瞬でしかない。周りの空気を下げなければ意味がない。昼間に打ち水したら逆効果。蒸し暑さが増す。


気化熱があるとはいえ、水自体が暖かくなってしまって効果ない気がしないでもないが、効果あるのだろうか…


実証されてから「効果がある」って言おうよ。


でかい冷風扇のフィルターみたいなのを自作するくらいの根気と技術があれば程度こそあれ改善はされるだろう。お手軽に出来る手段では気持ち程度の変化しか望めないのは当然の話。


誰だよ検証結果も無いのにこれ広めた奴は


逆に、記事からリンクがあった「エアコンが臭う時は、窓全開にしてから冷房最低温度で全力運転する」の方が実際に効果があるとメーカーも保証してるから余程ためになるな。今度臭ってきた時は試してみよう。


室外機は強い日差しに当たっても、雨風に晒されても平気な構造になってて、上に物置いたり日差し・雨除けに囲いを設置するのはむしろ逆効果とTVで聞いた事がある


ちゃんと読めばそれなりにためになったが。要は室外機周辺の空気が大事なんであって、本体冷やしても空気に与える影響は限定的。周辺を木陰にするとかのほうがいいと


効果があるのであれば、とっくに大手メーカーが室外機を冷やす機能を搭載した製品を発表しているでしょう。


カビ生えそう


折角なんで室外機の構造見てみたら、熱交換は主に背面でやってるのな。室外機の中を冷やしても9割方無意味に排出されるだけで、そりゃ効果ないわな。勉強になった


冗談抜きで機械に水はダメって常識を理解してない、*餓鬼に池沼オバサン多いんだよな。防水が当たり前な人生だったのかもしれんが、ホントやばい。


成功する可能性もあるけど、大多数は失敗し呼称の原因につながるから止めたほうがいい。お徳なウラ技って呼ばれるものは失敗のリスクを無視している危険なものがあるから安易にやってはいけない。取扱説明書どおりにする、これがいちばん。


濡らしタオルかけて水の蒸発で熱を奪わせてたら効率が上がる可能性は無きにしも非ずだな。室外機自体の温度が高温なら。もっと効果的なのは常に日陰の位置に室外機を置くとか空気の流れをよくする為に前面背面のスペースを広くするとかか


最初に始めた人はエアコンの原理や構造を理解した上でやってるんだろうけど、意味も判らずマネした人は危ないから止めとけよ。 意味も判らず水入りペットボトル置くオバチャンに通じるものがあるな。


エアコンの室外機に対して機械に水はダメとか言ってるやつって雨の日に室外機を屋内にしまって使ってそうだよね・・・


そもそも何をもって『調子が良くなる』と表現しているんだ?室温が下がる速さでも上がるのか?だったらそんなことしないで直射日光に当たらないようにでもした方が手軽だし効果が出るんじゃないのか?


お金が落ちてると思って拾ったらゲーセンのメダルだったみたいなもんか?


蒸し暑くなってむしろ熱くなる! って打ち水の話題になると必ず沸く打ち水大嫌いクンが沸くけど、野外なのに風も吹かない世界に住んでるのかねぇ?


ダイキンのエアコン新品買って壊れてたのに修理の前に検査3回壊れてる壊れないと二転三転あげく室外機にパソコン繋げて一週間調べるって言われてキレたら、即交換ってなった。このメーカーの商品は二度と買わない。


天板からの輻射熱が減るんだから確実に効果あると思うが。湿度は室外だから体感に関係ないし。


何時間も稼動するエアコンに湿った布なんてすぐ乾くもの、炎上車両に霧吹き一回レベルのカスだよ。 効率低下を防ぐなら室外機の吸い込む空気の温度を可能な限り上げないよう、排熱排気を遠くへ飛ばせる配置と日よけをした方が良い。 そして根本的には建物の断熱性能が無きゃ冷気駄々漏れでそんなに劇的には変わんないよ。


施設用大型エアコンなら室外機内で熱交換器に絶えずじゃぶじゃぶ水掛けるクーリングタワー式あるけど、あれレジオネラ菌繁殖の危険やらで色々管理面倒だから一般家庭でやれるようなもんじゃないしなあ。


エアコンの原理は、空気の圧縮と膨張の際の温度差の利用 冷房の場合は、圧縮する際にコンプレッサに大量の熱が発生するために、空冷してやらないとコンプレッサが落ちるため空冷が必要 本当に冷やしたいのはモーターなどで、濡れ雑巾をかけてやっても、ファンよりもさらに奥にあるモーターに効果があるかは謎 逆に、取り込める空気が減って悪影響まであるぞ 水冷と空冷は根本的に違う


焼け石に水(直喩)。素直に日陰を作りましょう。空気の通り道は確保してね。


直射日光の当たる場所で一日中過ごしてみ? 濡れタオルなんて焼け石に水なんてことが嫌でも理解できる。


理屈の上では確かに冷えるようになるはずなんだがねぇ…ただ、外装冷やしてもあんまりね…いや効果がない訳じゃないんだろうけど。気化熱も相当なもんでバカにならん…扇風機の前で濡れたシャツ着れば実感出来る


エアコンって100年前から「全く進化してない」そうな


>>エアコンって100年前から「全く進化してない」そうなこれマジ? うちのエアコン、パナソニックとダイキンで涼しさ全然違うんだけど


室外機にはすだれで日陰を作るといいとか何とかこの前TVで見た


大抵デマだよねこういう情報って。


エアコンは知らんがパソコンは中のホコリ落とすだけで目に見えて排熱量が変わって負担が軽減される。フィルター掃除超大事


それよりも回転するファンのカビ取り掃除がしやすいエアコンを作って欲しい。取り外して水洗いできれば完璧なんだが


だれもサイエンスしないのか。より正確には、外気温と室内気温の温度差が大きくなるほど、使用する電気量(料ではない)が爆上がりするだったような。


なんか最近広まったみたいな言い方だけど、これ二年前ぐらいに広まったやつだよね。今年も再び拡散されたのかな?


室外機に扇風機で更に風を追加してやると効果がある。電力消費扇風機分増えるけど。あと室外機の外が汚れていたらそれもふいてあげてね。白色なのは意味がある。


一概にデマだと言いづらい。二年前のヤツは「室外機が熱風を吸い込むと屋内の熱を外に逃がせない」という明らかに熱交換器の仕組みを全く理解してない人が解説動画を出していたけど、理論上はあってるんじゃね?実際に効果あるか知らんけど?程度のものだったし…


→[交換器→ファン]→ って感じの構造なのな。で、天板を冷やせばファンの部分は冷えるかも知れんが、冷えた空気は即効で外に追い出されて交換器にはほぼ効果がないと


この記事を読んで室内機のフィルター掃除をしました。


というか、熱交換する前に圧縮機で冷媒の温度を一旦上げるのでね… 1~2度下がったぐらいでそこまで変わるか?っていう疑問がある


ダイキンさんは子会社が散水ユニットを製造販売してなかった?室外機周囲に散水して運転環境温度を下げ効率うpさせるって。


フィルターの掃除・ホコリ除去は、結局風の通りをよくするため 空冷において何よりも重要なのは、風量と風がしっかり冷やしたいところまでいきわたること 濡れタオルで吸気口をふさぐのは愚策だとしか思えない 定期的に変えるのであれば効果あるのかもしれないが・・・


考え方は冷却塔と同じなんだが、設計外の運用法だし、専用設備じゃないから効率なんて雀の涙程度しか期待できない。


直射日光が当たらないようにした方がまだマシそう まぁ気温高すぎたら日陰も気化熱もぶっちゃけ無意味そうだけど




"エアコンの室外機をぬれタオルで冷やす方法が拡散 → 本当に効果あるのかダイキンに聞いてみた "へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:

人気記事