「マスク着用下なら連続着席でも感染リスクの差異なし」 クラシックコンサートの感染リスクを検証した報告書が公開


 日本クラシック音楽事業協会が、クラシック音楽演奏・鑑賞にともなう飛沫感染リスクを献上した実験の報告書をサイト上に掲載しました。これによると、マスク着用下であれば従来どおり連続して席に着席しても感染リスクには大きな差はないそうです。

【画像】検証の総論を見る

 クラシック音楽コンサートは少しづつ再開する動きができていますが、ソーシャルディスタンスを守る関係上聴衆の数が制限され、また演奏者間の意思疎通が難しくなることで、興行を成立させることが困難になっているといいます。今回の報告書はそうした部分を背景に、クラシック音楽の鑑賞・演奏時のCOVID-19新型コロナウイルス感染症)への感染リスクを検証したもの。

 この実験は、ホコリなどの微粒子を測定しないようクリーンルーム環境で飛沫などの微粒子がどの程度発生したかを計測。実験対象となった楽器は、フルートオーボエクラリネットファゴットアルトサクソフォンホルントランペットトロンボーンユーフォニアムチューババイオリンチェロ。また、その他にも、ソプラノ・テノールの「歌唱」、聴衆の会話・咳・発生を再現した「客席」も対象とされています。

 報告書によると、マスク着用下であれば「1席空けて着席」した場合も「連続する着席」の場合も、感染リスクに大きな差はないとのこと。また、いずれの楽器演奏についても、飛沫感染のリスクが上昇する可能性を示すデータが得られない、もしくはその可能性は低いと報告。歌唱については、口元での微粒子数が発声(客席実験)の10~20倍に達しているため、体を動かしたり、移動したりしながら歌う場合は飛沫が拡散する場合があるようですが、今回の実験ではそういった部分の評価はできていないとしています。

 一方、この報告書では「現実には全ての聴衆が常に適切にマスクを着用し続けられるとは限らない」「マスクのズレや性能差を考慮し、大きな声を出すことを控えるよう求めることは妥当」とも記しており、マスクの適切な着用を呼びかける重要性も説いています。

 「本実験の限界」として、無風のクリーンルーム内という条件で実験を行ったことについて「空調や換気、複数の演奏者の影響などの要因が加わるため、総合的に感染対策を検討することが望ましい」とも。また、「さまざまな感染対策を行っても(中略)感染のリスクをゼロにすることはできない。しかし、合理的な対策を組み合わせることで感染リスクを下げること、そして仮に感染が発生してもできるだけ狭い範囲に留めることはできる。今回の結果がその一助になれば幸いである」と、この報告書の意義が語られています。

画像は日本クラシック音楽事業協会より


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

トイレで感染するって知らないのかな? 感染者あるいは保菌者が個室で大きい方をしたら、ついでに菌もばら撒かれるって知らないの?  それとオナラも感染するんだよ。 大便に菌が含まれる話は国立感染症研究所、オナラはオクラホマ大の調査。 コンサートに行ってトイレ行かないやつっているの?


最後まで読んだけど、結局「総合的に感染対策を検討することが望ましい」になるんだよなぁ。こう言う実験の集まりが、今後の防疫に役立ってくれるのだろう。あとは・・・個人次第かなぁ。


「総合的」って逃げ口上なんだが…。トイレは雪祭りで既に疑われてましたね。「低い衝立」が全くの無意味だったように「マスク(の付け方)がおかしい」とかだとフェイルセーフとしての一席空けは充分意味が有る。セキュリティーホールをいかに作らないかだな。


今回の実験は「コンサートホール」だけでの感染リスクの検証だからなだから最後に「総合的に」と言ってるんだろ


マスク下着に見えた。もう寝よう


ちょっとワクワクしてごめんなさい


ゼロリスクとは言わないが、不要不急なら、危うい所には近づかないのが吉だな。


テスト


ゼロリスクがエグゼロスに見えた。取り合えず宇崎さん見てから寝よう。正直コロナの話を追っていくと、肺炎になるウイルスではなくて血液に損傷を与える可能性があり、空気を取り込む肺がやられ易いだけに思えてくる。実際に感染は初期に中国の(共産党が見*にした)眼科医師が言った様に目の粘膜からも感染したなどという話もあるし、後遺症として息苦しさ疲労感などが残るという。


つぅかそもそも飛び回るホコリにこそウイルスが付着しているだろうに意味分んね。歌ってる人達もマスクして歌ってんのか?意味分んね。飛沫が飛んだかどうかばっかりで、空気中にあるウイルスや実験対象から外したホコリが検討に入ってないのは、マスクの綿や服のホコリを考慮してないってなんで気付かないんだ?コンサートに行く奴等は無菌室から現れるのか?未知との遭遇か?


とはいえ、こういうデータの積み重ねが重要ではある。いまの感染状況では無意味でも。


クリーンルームで検証って意味ないだろ。


瞬間移動でクリーンルームホールに移動するわけじゃねえんだしよぉ・・・。現実逃避をするくらいなら消毒液でも撒いておけ。


こういう実験は単体で効果を見るものじゃなくて様々な実験の積み重ねで生きてくるんだよ。だから現状は「総合的に感染対策」をするのがベスト。「コロナには○○が効きました!」「勝ったなガハハ!」じゃあイソジンと変わらんぞ


いやー、ひどいまとめ記事ですね 今後一般の空間・服装でも対応できるように、その前段階としてクリーンルームで、防塵服を着てなんていう現実では到底あり得ない状況で、実験をしたのにもかかわらずそこにほとんど触れない メディアに揚げ足を取られなければ、価値があると思いますが、現状ではコンサートを平常通りに開催していいといういらない誤解を生むだけという何とも歯がゆい


感染症対策において、物理的隔離以外はどんな方法も確率を下げる効果しかない。後は、確率を下げるために投入できるコストと感染拡大した時の被害を勘案し、行動方針を決める事になる。ただ、世の中がオンライン化しているように音楽業界もスタイルを変えざるを得ないだろう。会場席は価格を10倍にして席数制限、オンラインで安価に提供、とかね。


管楽器はアカン。木管もキンカンも。


総合的が逃げ口上ねぇ…。否定的な観点を持つことは重要だけどこれは流石に内容読んでるのか疑問だ。不確定な要素があれこれある中で、想定される要素と状況をもとに仮説と検証を重ねるのが重要であって、いきなり0か100の結論に飛びつく方がよほどおかしな話なんだが。


マスクした方が効果があるという話?


全員マスクをしている前提なら、客側の配置は[Ω Ω Ω]でも[ΩΩΩΩΩ]でも、感染リスクは変わらないということ。歌唱以外の楽器演奏に関しても、飛沫感染のリスクは測定されなかった ということ。


1席空けた程度ではそれ程感染リスクが下がってないだけだけどな。あと、あくまで観客が大人しいクラッシックコンサートでの話で、他のイベントには当てはまらない。


連続着席ってなんだよ(工学)


当たり前だが家から出るすべての活動がコロナ感染率を上げる その中でテレワーク不可の仕事とか食料品の買い物は仕方なく背負う 残りの外出については自分にとっての価値と感染危険率とを天秤にかけてやるかどうか考えればよい まあ危険率高すぎるものは政府に潰してもらう必要があるが観客は静かに座っているだけのクラシックはそこまで危険じゃないだろう


結局のところ正しい運用あってこその装備だしな。厳格にマスクを運用できれば効果は大きいだろうけど、ほとんど誰もできてないからな


結局人の集まり留まる所にはなるべく行かないという対策が一番ということだな 人にもウィルス対策にも余計な気も使わないで済むし


飛沫はともかく接触感染考えたら、連続着席避けたほうがいいのでは。隣の人がどっか触ったかもとか疑いながらじゃ落ち着かないだろうに。蒲郡のパブでも接客してない、同じ椅子に座って化粧した女性が感染してるし


上でクリーンルームを批判されてるけどさ、「実験」なんだから当たり前だろ


ブラボー禁止で


いや…だから「理想的環境化」の実験なら「零か百」に帰結するのが当然だろ。その上で「正しくマスクを着用していない」等の条件変化に対して「連続着席」でも問題ないように…例えば席の間に衝立をするとかの他の条件下の検証があってはじめて「リスクの差異無」であってそこで「総合的に判断」は無い。飲食店とかそれで困ってるんだしフィリピンパブの件もその特殊条件の結果。


つまり、席が隣同士でも離しても感染リスクは変わらないってことだな。




"「マスク着用下なら連続着席でも感染リスクの差異なし」 クラシックコンサートの感染リスクを検証した報告書が公開"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:

人気記事